【Slay the Spire】高勝率キャラランキング【アセンション攻略】

Slay the Spire
スポンサーリンク

Slay the Spire(スレイザスパイア)、最高難易度を3000時間近くプレイしたプレイヤーによる、キャラランキング、評価、キャラクターtierを掲載しています。

主に、アセンション20の勝率を元に評価を行っています。

Slay the Spireのおすすめキャラ、キャラランキング

以下がSlay the Spireのキャラクターランキングです。

理由やキャラクター評価については後で解説します

アセンション20勝率ランキング
  1. ウォッチャー
  2. アイアンクラッド
  3. サイレント
  4. ディフェクト

最強キャラクターは大差を付けてウォッチャーです。

次点で3キャラがほぼ横並びですが、アイアンクラッドが使いやすい分頭一個抜けています。
その次にサイレント、ディフェクトが並びます。

スポンサーリンク

Slay the Spireのキャラ評価、アセンション20の勝率

英語圏のコミュニティでは、最高難易度である「アセンション20+心臓」(以下A20H)の勝率を競う動きが活発です。

Twitch(配信サイト)では何人かの熟練プレイヤーがSlay the Spireをメインに配信していて、勝率の統計を取っています。(50~100ランの統計)

統計によると、上の項で紹介した通りの勝率順になっています。

以下、私の主観を交えた評価です。

ウォッチャーの評価【Slay the Spire】

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ ウォッチャー 評価 最強 おすすめキャラ おすすめ ティア tier 無限 圧縮
The Watcher

ウォッチャーは最高勝率を誇るキャラクターで、トップ層のプレイヤーの間では60%以上の勝率が出ています。

一番上手い人では、90%以上の勝率を叩き出すこともあります。

2022/1/17現在の、ウォッチャーのA20Hの世界記録は38連勝です。

他のキャラクターでは10連勝程度なので、他とウォッチャーには大きな力の差があると言えます。

ウォッチャーの強み、弱み

ウォッチャーはカード単体で見ても強いカードが多い上に、ダメージ二倍効果によって「前倒しな打点」が必要な序盤中盤戦が安定します。

終盤戦は、「走り書き」「飛び越え」「運命の切り開き」といったドローを加速するカードのため、他のキャラクターよりキーカードを引き込みやすく、安定して終盤戦を戦えます。

ウォッチャーの注目カード
Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ ウォッチャー 評価 最強 カード ティア キャラクター おすすめキャラ
  • 走り書き … 大量ドローによってキーカードを引き込む
  • かんしゃく … スタンスを行き来するウォッチャーの特性上、山札に戻る特性が○
  • 猪突猛進 … 無限ループのキーカード。普通に使ってもドローが強力

ウォッチャーのおすすめデッキ

おすすめのデッキは「圧縮ウォッチャー」ほぼ決め打ちで無限ループに向かうデッキ構築法です。

これは38連勝記録を叩き出したプレイヤーによって開発されました。

理解しやすく、すぐ実践でき、ある程度の勝率を出すまでなら時間は掛かりません。

私も勉強しましたが、一ヶ月練習したら30~40%の勝率を出せるようになりました。

圧縮ウォッチャーについてはこちらで解説しています。

アイアンクラッドの評価【Slay the Spire】

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ アイアンクラッド ironclad 評価 最強 おすすめキャラ おすすめ ティア tier 無限 圧縮 廃棄
“鉄仮面”

アイアンクラッドは二番手で、ウォッチャーの次に勝率が出やすいキャラクターです。

トップ層のプレイヤーでは50~60%の勝率が出、最も上手い人では80%の勝率が出ています。

また、筆者の私が一番得意とするキャラクターで、情報を多く提供できるのもおすすめする理由の一つです。

当サイト内のスレスパの攻略記事はアイアンクラッドのものが多く、これからもアイアンクラッドのものが充実していく予定です。

アイアンクラッドの強み、弱み

アイアンクラッドは非常に安定したキャラクターと言えます。

序盤中盤戦では前倒しな打点が重要ですが、アイアンクラッドには使いやすい「前倒しな打点」が多く、序盤中盤戦を安定して突破できます。

Slay the Spireは序盤中盤にどこまでリスクをかけ、自分を強くしていくかが重要なゲーム性をしているため、この強みがかなり大きいです。

短所は高コストカードが多く、ドローに乏しいため、ドローカードを拾えなかった場合に事故が多発しがちなことです。

アイアンクラッドの注目カード
Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ アイアンクラッド ironclad 評価 最強  カード ティア tier
  • 堕落 … 無限ループ、スネッコ等様々な要素とシナジーし、高い勝利貢献度を持つカード
  • 焼身 … 最強の前倒し打点カード。ACT1~ACT2で大きく貢献する
  • 無痛 … 廃棄カードの多いアイアンクラッドの防御面の要

アイアンクラッドのおすすめデッキ

A20H(アセンション20+心臓)では「廃棄軸」「やせ我慢+セカンドウィンド」が主流の勝ち筋です。

攻撃面は道中で拾ったカード次第で様々な型に向かいます。

「筋力」でも「ボディスラム」でも、何でも良いです。

アイアンクラッドのデッキの型については、こちらの記事で解説しています。

サイレントの評価【Slay the Spire】

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ サイレント silent 評価 最強 おすすめキャラ おすすめ ティア tier ディスカード ループ
“サイレント”

サイレントは3番手のキャラクターです。

トップ層のプレイヤーでは40~50%一番上手いプレイヤーでは80%の勝率が出ます。

習熟度によってはディフェクトやアイアンクラッドと勝率が逆転します。

サイレントの強み、弱み

サイレントは初期レリックの「蛇の指輪」の追加ドローにより、キーカードの引き込みを安定させられるキャラクターです。
追加ドローのため、雑魚戦が安定します。

一方で、サイレントは「前倒しな打点」カードが弱い関係上ACT1のエリートとの相性が悪く、序盤のエリート戦は避けた方が良い傾向にあります。

また、「タイムイーター」「堕落の心臓」との相性が悪いため後半戦が苦しく、道の選択、カードの取捨選択のプレイングが難しいです。

サイレントの注目カード
Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ サイレント silent 評価 最強 カード ティア tier tierlist
  • 死霊化 … 防御に乏しいサイレントの切り札。見たら取る。強化が必須。
  • 剣の舞 … 強力な前倒し打点カード。様々なシナジーを持つため、後半戦も戦える
  • バックフリップ … ドローとブロックを同時に行う、サイレントらしいカード

サイレントのおすすめデッキ

主な勝ち筋は3つあります。

  • 「死霊化」しての集中攻撃
  • 「悪夢」で「フットワーク」「残像」「死霊化」を複製
  • ディスカードシナジーで大量ドロー、大量エナジー

序盤中盤はナイフが強いです。

特に「剣の舞」は1コスト12(16)点と優秀な数値をしていて、様々なレリック、カードの恩恵を受けられるため、序盤に見かけたらとりあえず取っておいて良いカードです。

しかし、状況次第で毒やディスカードに舵切りする必要があるシチュエーションがあるため、柔軟性を持って立ち回る必要があります。(ACT2ボスやタイムイーター、堕落の心臓の特性のため)

序盤中盤では「前倒しな打点」が必要な関係上、最初から毒デッキに決め打ちするのは安定しません

ディフェクトの評価【Slay the Spire】

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ ディフェクト defect 評価 最強 おすすめキャラ おすすめ ティア tier オーブ アセンション20 勝率 A20 winrate
“欠陥”ディフェクト

ディフェクトはプレイングが難しく、勝率が一番低いキャラになる傾向にあります。

トップ層のプレイヤーでは40~50%一番上手いプレイヤーで70%の勝率が出ます。

習熟度によってサイレントと逆転しますが、アイアンクラッドほどのパワーは今の所認められていません。

ディフェクトの強み、弱み

フロストオーブ生成や優秀な防御カードによる、安定した防御面がディフェクトの強みです。

「電気力学」「認知偏向」「自暴自棄」「ハイパービーム」「ボールライトニング」等、前倒し打点も揃っているため序盤も比較的安定しており、オーブの特性上ACT1エリートも踏みやすいでしょう。

一方で、ディフェクトはデッキが膨れがちな関係で初速が遅く、終盤戦が苦しいです。

「盾鉾」「堕落の心臓」相手は1~3ターン目の猛攻を凌ぐ必要がありますが、ディフェクトはパワーやオーブを並べるのに時間を要するため、これらの敵と相性が悪く勝利が低迷します。

ディフェクトの注目カード
Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ ディフェクト defect 評価 最強 カード 電気力学 認知変更 氷河 オーブ
  • 電気力学 … オーブ生成と範囲攻撃を兼ねる、強力な前倒しカード
  • 認知変更 … 様々な戦闘がこれ一枚で解決する。見かけたら取る。
  • 氷河 … ディフェクトの防御面、フロストオーブを並べる手段

ディフェクトのおすすめデッキ

フロストオーブを並べて「集中力」
A20H(アセンション20+心臓)の典型的な勝ち筋がこれです。

攻撃面は最終的に以下のような型になることが多いです。(もちろんこれ以外もあります)

  • ライトニングオーブやダークオーブを混ぜて打点を出す
  • 「リサイクル」で圧縮して無限ループや「爪」ループ
  • 集中砲火
  • ブリザード
  • 「クリエイティブAI」から出た「ストーム」によるオーブ生成
スポンサーリンク

spirelogs(統計サイト)でのキャラランキング

Spirelogsはセーブデータをアップロードすると自動で集計を行い、統計的なキャラティア、カードティアを作成するサイトです。

誰でもデータのアップロードを行えるのが特徴で、大衆的な評価と言えるでしょう。

ウォッチャーは新しいキャラのため統計データが見れませんが、私が訪問した時点では、3キャラクターでは以下のような勝率順になっています。(おそらくこれは心臓を含まない勝率データ)

  1. アイアンクラッド – 24.65%
  2. サイレント – 23.45%
  3. ディフェクト – 18.74%
Slay the Spire spirelogs キャラクター tier ティア 最強 最強キャラ

ただし、注意点

spirelogsへアップロードされる統計データは、ユーザ側が自由にアップロードデータを選択できます。

つまり「上手く行ったランだけアップロードされている」可能性があります。(逆も然り)

人間の心理的にも上手く行ったランだけアップロードするというのは納得出来るのではないでしょうか。

spirelogsの統計データを参考にする際は上記の点を留意しておいて下さい。

例えば、spirelogのネオーのボーナスの勝率統計では「3体のHP1」が一番成績が良いことになっています。
しかし、ACT1道中で死ぬとボーナスの選択肢が少なくなるためこれを選ぶ人が多く、「3体のHP1」が多くのクリア割合を占めていると考えられます。
(様々な仕様上の問題で)理論的には「3体のHP1」はあまり良くない選択肢です。

スポンサーリンク

実際は好きなキャラで良い?

まだアセンション15までしか存在しなかった頃(ついでにウォッチャーも存在しなかった)、アセンション15の統計を付けていたjorbsというプレイヤーがいました。
当時、アセンション15では、彼の統計で全てのキャラクターで90%以上の勝率が出ていたようです。

慣れればアセンション無しでは99%の勝率を出すことは難しくないと思います。

当時と今では上方修正されたカードも多いため、アセンション15でも99%程度出ると予想しています。

結局の所、スレスパはオフラインゲームなので、自分の好きなキャラを使うのが良いと思います。

あるいは、これを見ているあなたが新たな型、プレイングを開発する可能性もあります。

「圧縮ウォッチャー」が認知されたのは、ここ数ヶ月の出来事です。

スポンサーリンク

おまけ:各キャラクターのトッププレイヤー

英語圏のコミュニティではA20Hのプレイ動画を配信が盛んです。

この項では、記事内で私が言及した「トップ層のプレイヤー」を紹介します。

アイアンクラッド … Lifecoach

この項の執筆時では、アイアンクラッドで70~80%の勝率を出しています。

他のトップ層プレイヤーのアイアンクラッドの勝率は50~60%なので、この数値はダントツです。

Twitchで配信していますが不定期配信ですし、twitchの録画は三ヶ月で消えてしまうため、非公式のyoutubeチャンネルでの視聴をおすすめします。

参考:Lifecoach VODS – Unofficial

非常に長い時間をかけてプレイするのが特徴で、長いランでは8時間かかっています。1Fの戦闘、デカアゴムシ戦に10分かけて、その後のカードピックに20分かけます。

「スピードランする」と言って4時間かけてプレイしていたのが個人的には印象的です。

普通の人間なら「こうでしょ」と決めつけてプレイしてしまうような線のプレイを思いとどまって、ちゃんと検討、評価してプレイする姿勢は尊敬できます。

ポーカーやハースストーン、Watcher:Gwentのプロとして活躍していたLifecoach氏は、Slay the Spireでも驚くべき活躍を見せています。

ウォッチャーの100ゲームの統計、「勝率96%、18連勝」の記録は現在では他のプレイヤーに破られてしまいましたが、当時は衝撃的な勝率と連勝記録でした。

また、他のキャラクターでも100ゲーム40~50%の勝率を出しています。

サイレント … xecnar

最近になって頭角を表してきたプレイヤーでこの項執筆時の勝率は41勝/9敗の82%。(氏の統計データによる)

40%~50%程度勝率が出ればトップクラスに上手いプレイヤーとされているサイレントにおいて、この勝率はぶっちぎりです。

連勝記録も世界記録のサイレント13連勝(3/7時点)を持っていて、世界最強のサイレントプレイヤーの称号を得るに相応しいでしょう。

彼は自身の統計データを残しています。
これによると、サイレントは「死霊化」を絡めた勝利が殆どなようです。

また、最近ではサイレントの「ボスレリック交換」のみスタートの統計を付け始めているようで、新たなサイレントの可能性を開花させようとしています。

配信URL:https://www.twitch.tv/xecnar

配信録画:https://www.youtube.com/channel/UCbpjge2mjrA5IUqO2cYivBA

統計データ:https://docs.google.com/spreadsheets/d/1hNrqA5JlXgz8Ie-bdCToloTeF2JmSDQpxtA8fiGyucE/edit#gid=0

ディフェクト …  TerrenceMHS

ローテーションルールでのA20H連勝の世界記録、13連勝を持つTerranceM氏はディフェクトの名手です。
(4/30現在ではローテーションルールではjorb氏が17連勝を持っています。)

氏のディフェクトでのA20H勝率は68%です。

他のクラスと比べると低い数値ですが、ディフェクトは他のクラスと比べてプレイングが難しく勝率が低い傾向にある中、50%超えの勝率を出せるプレイヤーはそうそういません

配信URL:https://www.twitch.tv/terrencemhs

また、youtubeに解説動画や配信録画を公開しています。
英語も聞き取りやすく、youtubeでは自動字幕生成や翻訳もあるはずなので中学生程度の英語力があればギリギリ理解できるはずです。

Act1 card tierlist(ACT1でのカードランキング)や、道筋の選択tips等、ためになるものが多いです。

youtube:https://www.youtube.com/playlist?list=PLMUicYSIwz53em8GQ7x5YxuudzW4g0FZw

氏の統計データ:https://docs.google.com/spreadsheets/d/1pERvNN0EIUzQmIKeJ0XGWPfYHWztiSD04LRftv_qFK4/edit#gid=1595607408

2022/4/30 … lifecoach氏も最新のDefect50ランで68%の戦績を残しています。

ウォッチャー … merl61

ウォッチャーのA20Hの連勝世界記録、38連勝を持っているプレイヤーです。

「ボスレリック交換」をし、マシンガンのようにプレイするウォッチャーの定石を覆し、ほぼ決め打ちで無限ループに向かう圧縮ウォッチャーという新たな定石を生み出したプレイヤーです。

こちらのプレイヤーもyoutube等はやっておらず、twitchのページから配信、もしくはアーカイブを見るのみです。

無限ループに向かう圧縮ウォッチャーですが、状況次第で無限ループ以外のデッキにも向かい、私の見た範囲では7割無限ループ、無限ループに行けないと判断したランではそれ以外の型のデッキへ向かっています。

配信URL:https://www.twitch.tv/merl61

この記事のコメント一覧