【NARAKA:BLADEPOINT】天海の使い方、評価、おすすめタレント【攻略】

NARAKA: BLADEPOINT

NARAKA:BLADEPOINT、プレイアブルキャラクターの一人である天海について掲載しています。

忙しい人向けまとめ
  • スキル、奥義が簡単で初心者向け
  • トリオ適正○。ソロは厳しいかも
  • 武技は好み(推奨は1か2)、奥義3
  • 金剛力士の操作が独特なのでその項は最低限読むと○
  • 味方を守ったり、混戦の真っ只中で奥義を使う
スポンサーリンク

天海の評価

【NARAKA:BLADEPOINT】天海 使い方 解説 攻略 画像 金剛力士 いつでも金剛に変身できるぞ

ソロ:★★★

トリオ:★★★★★

難易度:★★

天海は奥義による敵へのゾーニング性能に優れた、タンク兼アタッカーです。

トリオでは、奥義の戦場に与える影響が非常に大きく、操作が簡単で分かりやすいので人気キャラクターのうちの一人です。

ソロでは離脱性能の低さ、1対1性能であれば他のキャラのほうが優れていたりと、厳しい立ち位置にいます。

混戦中に金剛力士が登場した際の会場の盛り上がりはひとしおです。

奥義の独特な仕様についてのみ覚えてしまえば問題ないので、初心者にもおすすめです。

スポンサーリンク

天海のビルド

武技は1~3を好みで採用(おすすめは2)、奥義3をおすすめしています。

武器はお好みでどうぞ。(特に相性の良いものはない)

タレント・印についても掲載しています。

ソロ用ビルド

武技武技1or2「鐘の守り/鐘の守り・崩し」
奥義奥義3「金剛力士・癒」
武器「メイン近接、弓(火縄、大砲)」

ソロで天海を使う利点としては「武技2は敵の青攻撃に当てると相手が武器を落とす」「最終円ファイトが最強」「武技1で滄海の無限コンボを抜けられる可能性がある」という点があります。

ファイナルベータテストで行われたアジア大会(ソロ)では、全3試合で全て天海が優勝しています。

それは、上位帯のソロマッチでは最終円まで残る人数が多く、最終円の収縮が終わり全員が範囲に飲まれた中、自分一人だけ金剛になることでHPの総量で勝てるからです。

しかし、他のキャラと比較するとデメリットのほうが大きいと思います。

なので、ソロ天海はおすすめしません。

天海のスキルはじゃんけんを拒否して、強制的にあいこにすることができますが、それは滄海やカナンでも可能です。

奥義も、ソロであれば変身した瞬間に逃げられてしまい、掴みを成功させられることはまずありません。

なので、「相手をゾーニングし、ヒールを一回入れるだけの時間を作る」奥義で終わる場合がほとんどです。

これも滄海やカナンであれば、相手から完全に逃げおおせてフルに回復を入れることができます。

総じて、ソロ天海ならではの強みは少ないので、他のキャラを使ったほうが良いと思います。

トリオ用ビルド

武技武技1or2or3「鐘の守り/鐘の守り・崩し/鐘の守り・爆」
奥義奥義3「金剛力士・癒」
武器「メイン近接、弓(火縄、大砲)」短剣

武技の1、2、3は好みです。

プロシーンでのメタは武技1で、流行の武器である槍の「龍王刺し」が刺さった後に使うと、派生先の「ナタの大暴れ」がなぜか発生しません

「ナタの大暴れ」を食らうことは即死とほぼ同義なので、恐らくリスクを極限まで減らすために武技1の採用が流行しているのだと思います。

個人的な好みは武技2で、1対1がより強く武技3であれば多数に囲まれた状況からの離脱が容易になります。

奥義はトリオでは複数人に殴られることが多いため、回復する奥義3を採用しましょう。

スキルで耐え、混戦中や自分のピンチに金剛に変身し、味方の援護をしましょう。

取り立てて相性の良い武器というものは存在しないので、好きな近接武器を持ち、好きなように戦うのが良いです。強いて言うならパリィの恩恵がデカい槍。

また、離脱性能に乏しい天海では、離脱、移動性能のために短剣を一本忍ばせておくのが個人的な好みです。

天海のタレント・印

1戦闘中に奥義を使える回数は1回程度なので、汎用タレントでも特に問題ありません。

汎用タレント・印

【NARAKA:BLADEPOINT】天海 タレント・印 奥義
スタミナ軽減
スタミナ上限
鉤縄性能/スキルクールタイム
スタミナ回復速度

戦闘が終わった後の漁夫が来た時に対応したい(2回目の奥義が撃ちたい)とか、いつでも金剛に変身したい場合は、赤や紫の奥義関連の印を入れても良いです。(汎用の印で慣れているとスタミナ関連がとてもキツイですが。)

変身することばかり考えるタレント・印

【NARAKA:BLADEPOINT】天海 タレント・印 専用ページ
与ダメージで奥義上昇
スタミナ上限
鉤縄性能/スキルクールタイム
時間経過で奥義上昇
スポンサーリンク

天海の武技(スキル)

ソロでは武技1もしくは武技2トリオでは武技1~3を好みで採用をおすすめします。

構えを取り、一定時間無敵になります

弓のような遠距離武器は反射し、使用者へ跳ね返っていきます。

殴られていて困ったらとりあえず使っておくぐらいの使用感で問題ありません。

武技1は白攻撃を食らっていてヒットバック中でも割り込んで発生させることができます。

また、「龍王刺し」のヒット後に使うと、なぜか派生先の「ナタの大暴れ」が発生しません。

武技2は青攻撃に当てると相手の武器が落ちるので、1対1の状況や、ピンチの状況に強くなります。

武技3では周囲の敵を大きくノックバック転倒させるため、離脱性能が高いです。

スキルは使用後、こちらが一方的に攻撃出来る等の利点はなく、あくまでじゃんけんをあいこにするための、耐えるスキルです。

武技1

鐘の守り

クールタイム:25秒

天海は体内の真気を回転させ全身を守り、あらゆる物理的な打撃に耐え、自身に向けて発射した弾を跳ね返す。

攻撃されても使用できる。

武技2

鐘の守り・崩し

クールタイム:25秒

天海は体内の真気を回転させ全身を守り、あらゆる物理的な打撃に耐え、自身に向けて発射した弾を跳ね返す。

青い剛体攻撃の敵の武器を落とす

硬直中は発動できない

武技3

鐘の守り・爆

クールタイム:25秒

天海は体内の真気を回転させ全身を守り、あらゆる物理的な打撃に耐え、自身に向けて発射した弾を跳ね返す。

周囲の敵をノックバックさせる

硬直中は発動できない

スポンサーリンク

天海の奥義(ウルト、アルティメット)

奥義はソロ、トリオとも3で固定です。

ソロでは奥義の持続時間が40秒あっても意味がありませんし、トリオでは集中砲火された場合に、回復によって耐えることができるからです。

金色剛体になり、1秒ほどの後、金剛力士に変身します。

金色剛体

紅夜の奥義中、天海の変身中、槍のモーション「ナタの大暴れ」等、限られた状況で発生する状態で、ダメージへの耐性、ノックバックへの耐性が上昇する。

ちなみに金剛力士には掴まれるし、紅夜の奥義「めまい」は当たる。

金剛力士に変身した後は、操作方法が変わってしまい初見では戸惑うと思いますが、「左クリックのロケットパンチを敵にあてて掴み、スキルキーで地面に打ち付ける」を覚えておけば問題ないと思います。

またトリオであれば、掴んでいる最中の敵には味方の射撃武器や、近接武器であれば縦振りチャージ攻撃が入るので、余裕があればすぐに叩きつけず味方に殴ってもらいましょう

金剛力士時の操作については後の項で掲載しています。

ピンチをチャンスに変える強力な奥義ですが、変身モーション中にHPが0になると変身できずに天海のまま倒れてしまうので注意してください。

また、金剛力士中にHPが0になっても、天海本人が倒れるので注意して下さい

金剛力士時の操作

  • 左クリック
    • 弾速のあるロケットパンチを飛ばし、命中した敵を掴む
  • 右クリック
    • 自分の足元を手ですくい、命中した敵を掴む
  • スキルキー
    • 敵を掴んでいる場合
      • 掴んでいる敵を地面に打ち付けてダメージを与える
    • 敵を二人掴んでいる場合
      • 掴んでいる敵同士を打ち付けて、更に大きなダメージを与える
      • HP1ゲージ以上を飛ばすほどの火力
    • 何も掴んでいない場合
      • 地面を踏み鳴らし、周囲の的にダメージを与える
  • 奥義キー
    • 長押しすることで奥義を中断し、天海の姿に戻る

金剛力士の仕様

知っている範囲の仕様について、箇条書きで。

  • 金剛力士終了時のHP割合が、変身終了後の天海のHP
  • 金剛力士のHPは、2500/3650(ソロ/トリオ)
  • 金色に光る弱点を攻撃されると、被ダメージ増加
  • 紅夜、妖刀姫、天海の奥義を、相手を掴むことで中断させることができる
  • テムルの「強風域」の遠隔無効フィールドを貫通しない
    • 金剛力士自体は、強風域のデメリットを受けず通過可能
    • 右クリックの「掴み」は、遠隔属性でないため砂嵐の境界でも当たる
  • 紅夜の奥義1中に変身することができ、変身後に「めまい」を食らう
  • 金剛力士の掴み後の打ち付け攻撃は、近接攻撃属性
  • 一体キャッチ時の叩きつけより、二体キャッチ時の叩きつけのほうがダメージが大きい
    • 約2.5倍のダメージ。
    • HPにするとシングル掴みが約0.6ゲージで、ダブル掴みが約1.5ゲージ
  • 天海本体が装備している魂玉の影響を受ける(攻撃、近接防御、遠距離防御等おそらく効果有り)
    • おそらくというのは、金剛力士へのダメージの通りが何故か変動するから。(検証中)
  • 変身時に持っていた武器の耐久度、レア度はダメージに関係無い
  • 掴み、叩きつけはなぜかダメージが変動する(相手の状況、初回掴み等が関係している?)(検証中)
    • ダブル掴み→叩きつけが(1120)(1426)(1593)と、何故か変動する
    • シングル掴み→叩きつけも(400)(680)等、変動がある
    • そもそもロケットパンチのダメージも40だったり80だったりする
  • 左クリック、右クリックの掴みは回避の無敵フレームで抜けられる
  • 掴まれた敵は、最速で3回先のロケットパンチ前までに離脱できる
    • ダブル掴みを狙う場合は、1回のみ外す余裕があるということ
  • 胡桃の回復は金剛にも発動する。
  • 変身中に受けた鎧回復は、天海に戻った際に反映されない
    • 全員回復や胡桃の奥義2など
  • 「金色剛体」を止められる
    • 「ナタの大暴れ」最中の敵をキャッチ可能

奥義1

金剛力士

金剛力士に変身する。

この状態で横振りで指定方向に拳のオーラを放ち、敵を掴む。

縦振りで周囲の敵を掴む。

スキルキーで掴んだ敵を地面に叩きつけダメージを与える。

敵を掴んでいない場合は地面を踏みつけて波を出す。

金剛力士の体力上限はゲームモードのプレイヤー数の増加により上昇する。

変身の持続時間は40秒。

奥義キーを長押しで奥義をキャンセル。

十分なスペースのある場所でしか発動できず、変身形態では光る部位が弱点となる。

奥義2

金剛力士・援護

天海は金剛力士に変身する。

この状態で横振りで指定方向に拳のオーラを放ち、敵を掴む。

縦振りで周囲の敵を掴む。

スキルキーで掴んだ敵を地面に叩きつけダメージを与える。

敵を掴んでいない場合は地面を踏みつけて波を出す。

横振り、縦振りで味方を掴み、味方のHPと鎧を回復し続ける。

金剛力士の体力は、プレーモードの人数の増加によって増やす。

変身は35秒で、奥義キーを長押しで奥義をキャンセルする。

十分なスペースのある場所でしか発動できず、変身形態では光る部位が弱点となる。

奥義3

金剛力士・癒

天海は金剛力士に変身する。

この状態で横振りで指定方向に拳のオーラを放ち、敵を掴む。

縦振りで周囲の敵を掴む。

スキルキーで掴んだ敵を地面に叩きつけダメージを与える、同時に自身のHPを回復する

敵を掴んでいない場合は地面を踏みつけて波を出す。

横振り、縦振りで味方を掴み、味方のHPと鎧を回復し続ける。

金剛力士の体力は、プレーモードの人数の増加によって増やす。

変身は30秒で、奥義キーを長押しで奥義をキャンセルする。

十分なスペースのある場所でしか発動できず、変身形態では光る部位が弱点となる。

スポンサーリンク

天海の戦い方、立ち回り

離脱性能が弱いので、特に突っ込みすぎは厳禁です

カナンや滄海のような気持ちで使うと一瞬で倒されますし、3人に殴られていると、金剛への変身が間に合う前に倒れます

いつでも戦域から離脱できる、戦域のはじっこで槍や剣で味方の援護をしたり、浮いている敵とタイマンをします。

状況が悪くなったら折を見て金剛に変身し、味方を守ったり、チームに安全な場所を提供し、立て直す時間を作ります

悪い状況の例

  • 味方がダウンを取られた
    • 金剛を盾に蘇生を入れてもらったり
  • チーム全体でのHP状況が悪い
    • 金剛を盾に回復を入れてもらったり
  • 敵の紅夜やテムルのような致命的な奥義の詠唱が開始し、味方や自分が逃げられない
    • 金剛力士はテムルの奥義を通過できる
    • 「めまい」を食らっても一瞬で落ちることはない
      • 「めまい」後の追撃を受けている味方を援護
  • そもそも自分が瀕死
    • 金剛になった瞬間、HPが満タンに

もし金剛に変身しているのに相手がなお戦いを挑むようであれば、無料キルポイント獲得のチャンスです。

相手を掴むコツは、チャンバラをしていて忙しい敵を狙うこと、自分にヘイトが来ていないと思っている敵を狙うことです。

金剛のパンチは弾速が遅すぎるので、こちらを見ている敵には当たらないと思ったほうが良いです。

影響力のすべてがパンチに依存するので、それなりの工夫をしましょう

天海の奥義に関する考察

金剛力士のロケットパンチは、一定以上の距離があり、対象がこちらの動きを観察している場合モーションを見てからの回避やジャンプで回避することができます。

つまり、分かっている人間同士では、基本的にパンチが当たりません。

しかし、金剛力士をそもそも見ていなかったり、チャンバラの最中だったり、至近距離であれば簡単に相手を掴むことができます。

つまり、金剛力士に変身している間、敵を大きくゾーニングし、味方に安全地帯を提供するということです。

安全地帯へ敵が入ってきた場合、大きなリスクを背負って戦わせることの出来る、それこそ「タンク」のような役割の性能をしていると思います。

スポンサーリンク

天海の名言集

「陰陽の力は満ちた。いつでも金剛に変身できるぞ。」(奥義が溜まった時)

「自分を制御しろ。変身することばかり考えるな。」(奥義のクールタイム中)

「陰陽の力を蓄えているところだ。」(奥義のクールタイム中)

「…本物か!」(紫以上のレア度のアイテムを見つけた時)

「肝心な時に使えんな!」(武技のクールタイム中)

「なんとーっ!」(死亡時)

スポンサーリンク

あとがき

8/26のテストサーバーパッチノートでは弱体化が予定されていますが、それでも変身したらHPが満タン、混戦時のプレッシャーで相手を退かせられるという奥義のアイデンティティは失われないと思います。

操作も簡単で、習得が速く、レートを上げるのにおすすめなので、触りだけでも覚えておくとトリオで楽になると思います。

また、当ブログでは他のNARAKA:BLADEPOINT関連の攻略記事を掲載しています。

ランカー層が知っていて、ライト層は知らないようなニッチな知識を充実させていく予定ですので、興味のある方は是非。

カテゴリ:NARAKA:BLADEPOINT

検証中の事

金剛力士の掴み攻撃、叩きつけダメージは何故か変動します。

画像では左のbotには1426、右には1593ダメージが入っています。

今は検証中ですが、以下のような説を提唱できます。

  • 相手の鎧の質によってダメージが上昇
    • 実際、この画像のターゲットは白鎧と青鎧
    • アーマーの無いbotを同時掴み、叩きつけしたら1120ダメージだった
  • 初回の掴み、叩きつけはダメージが上昇
    • ハメ防止というか、強くしすぎないためにありえる仕様かも
  • 奥義の残り時間や、自身のHPによって変動
【NARAKA:BLADEPOINT】天海 金剛力士 ダメージ 検証

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました