【NARAKA:BLADEPOINT】設定:近接攻撃修正について知ろう【攻略】

Tips

NARAKA:BLADEPOINT、設定の一つである「近接攻撃修正」と、それを活かしたプレイについて解説しています。

忙しい人向けまとめ
  • 「近接攻撃修正」はON推奨
  • 自動で付近の敵を攻撃してくれる
    • 攻撃中はカメラを動かして周囲を確認しよう
  • 「右→左→小ジャンプ左」の白3段コンボは優秀
    • 人数差のある時に
    • 敵が逃げ腰の時に
スポンサーリンク

「近接攻撃修正」とは

「近接攻撃修正」は端的に言うとエイムアシストのようなものです。

NARAKAの戦闘は敵や味方の移動速度が速くカメラも目まぐるしく動き、人力で正確に敵のいる場所を狙うのが難しいので、ゲーム側で付近の敵を自動で狙う設定が用意されています。

その設定が「近接攻撃修正」です。

この設定はON推奨です。(デフォルトでONになっているはずです)

この「近接攻撃修正」はデフォルトでONになっていますが、不安なら設定で確認してみましょう。

「Esc→設定→ゲーム設定→近接攻撃修正」

【NARAKA:BLADEPOINT】近接攻撃修正 設定 オン オフ 仕様

この「近接攻撃修正」は名前の通り、近接武器にしか適用されません。

特に遠隔武器が当たりやすくなるようなことは無いようです。

近接攻撃修正

画像のように、敵の足元に薄っすらと白い円が出ている状態では「近接攻撃修正」が効いています。

この状態でニュートラル(キー入力をしない状態)で近接攻撃を撃つと自動で敵へ向けて攻撃を放ちます。

これが近接攻撃修正です。

この白い円は、敵に近づくと自動で発生します。

また、近接武器の射程より少し遠いところから発生するので、間合いの見切りに使えるかも知れませんね。

(動画では、白い円の発生が8mからであること、剣の間合いが5mであることが確認できます。)

(円は約8mから発生、武器の射程はモノによるが6m前後。槍は7mと長く、短剣は5mと短い)

「近接攻撃修正」を活かした状況確認

「近接攻撃修正」が効いている最中は付近の敵へ自動で攻撃を放ってくれます。

これは、カメラを真後ろに向けていたりしても付近の敵を自動で攻撃してくれます

なので、攻撃アニメーション中にカメラを回して周囲の状況を確認することができます。

ソロモードもですが、特にトリオモードでは周囲の状況を確認することが非常に重要で、早期の漁夫の発見や、横から来たチャージ攻撃への回避やパリィ味方の場所、敵の人数等の状況把握を行うことができます。

(動画では、カメラを真後ろに向けながら、「近接攻撃修正」に任せて敵を攻撃できている様子が確認できます。)

小ジャンプ攻撃の吸い付き

実戦で使えるコンボの紹介でもあります。

小ジャンプ攻撃」は、高速で踏み込んで攻撃を行うため、逃げる敵に対して効果的です。

さらに、「近接攻撃修正」が適用されている場合自動的に敵を追尾してくれるので、相手がどんな方向へ回避を行おうと吸い付いてくれます。

剣、太刀、槍、短剣のような武器では「右→左→小ジャンプ左」というコンボが存在します。

このコンボは、最初の白二段(右→左)部分は必中です。

続く、「小ジャンプ左」は必中ではありませんが、相手が「回避」という択を取った場合、「小ジャンプ左」の吸い付きによりほとんどの場合ヒットし、ダメージと硬直を取ることができます。

剣や太刀の場合、相手がたとえ真横に回避を行っても、近接攻撃修正による追尾のためヒットすることがあります。(槍は真横回避で避けられます)

「近接攻撃修正」で攻撃を出したくない時

大剣の「頑石状態」から相手に向けてチャージ攻撃を放ちたくない時や、太刀の「チャージスカ→雷一閃」を狙うような場合は、以下のように操作して「近接攻撃修正」の吸い付きをキャンセルします。

  1. 完全に相手のいない方向にカメラ(照準)を向ける
  2. Wキー(前進キー)を長押しする

この2つの操作を同時に行う必要があります。

自分の照準方向に攻撃を出すことができるので真後ろから来た敵へ攻撃を振ったり、振りたくないチャージ攻撃をわざと逸したりすることができます。

動画では太刀のチャージ攻撃をわざとスカし、雷一閃部分だけをヒットさせています。

特に「1.完全に相手のいない方向へ照準を向ける」は重要です。

カメラの向いている角度から30度前後は近接攻撃修正の検知範囲らしく、この範囲内に敵を収めておくと近接攻撃修正が働いてしまいます。

「近接攻撃修正」のデメリット

メリットの方が大きく、「近接攻撃修正」をONにしているプレイヤーのほうが多いですが、デメリットも存在します。

  • ニュートラルキーでチャージキャンセル移動をした場合、敵が近いと意図しない方向へチャージを溜めはじめる場合がある
    • W(前進キー)を入れっぱなしでチャージキャンセル移動をすれば良いですが、たまにあります
  • 「竜王刺し」、「縦剣気」の偏差撃ちができない
    • 勝手に敵の位置へ放ってしまうので、回避読みでの偏差撃ちや、最長射程で動いている相手へのヒットは期待できません

特に縦剣気や竜王刺しの偏差が出来ないのは実戦ではかなりもどかしい部分です。

とはいえ、享受できるメリットのほうが遥かに多く、多数のプレイヤーはONのままプレイしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました