【NARAKA:BLADEPOINT】タップ回避と長押し回避の違いについて【攻略】

Tips

NARAKA:BLADEPOINT、「タップ回避、長押し回避(ダッシュ)」について解説しています。

スポンサーリンク

タップ回避、長押し回避

回避キー(PC版shiftキー)を押した時の動作は二種類あります。

表題にもなっている通り、回避キーを押してすぐ離す「タップ回避」押しっぱなしにして発生する「長押し回避(ダッシュ)」の二種類です。

それぞれ微妙に役割が違うので、特徴を覚えて、使い分けられるようになるとグッドです。

ちなみに短剣を持っている場合は、タップ、長押しともに「閃歩」という距離と無敵時間のより長い回避に置き換わります。

また、タップ回避、長押し回避ともに、モーション後にもう一度回避キーを入れると前転します。

こちらは移動速度も遅いし、無敵時間も短いためあまり使わないようです。

タップ回避

こちらは戦闘中、相手の攻撃を避ける時に使います。

回避キーを押してすぐ離すと出る挙動です。

無敵時間と回避距離が長いです。

しかし、代わりに回避後にダッシュ状態になりません

また、白攻撃やチャージ攻撃の溜めが、踏み込みながらできません。

(単純に回避アニメーションが長いため?、とにかく、長押し回避(ダッシュ)より攻撃の出が遅い)

WASD、どの方向に入力しても移動距離は変わらないようです。横移動を入れていると速く感じるのは恐らくカメラによる錯覚です。

(動画。タップ回避に無敵時間があり、判定の持続時間が短いものは回避できる)

長押し回避(ダッシュ)

こちらは戦闘中、間合いを取るためとか、チャージ攻撃に繋げたり、用途が広いです。代わりに回避性能は低いです。

回避キーを長押しすると出る挙動です。

無敵時間、回避距離が短いですが、回避後はそのままダッシュします。

ダッシュモーション中は、白攻撃が踏み込みながら出たり右クリックのチャージ攻撃を踏み込みながら溜めはじめたりできるので、攻撃に転じるならこちら。

当ブログ内で、「チャージキャンセル移動」と呼んでいるテクニックはこちらの長押し回避を使って行います。

(剣のチャージキャンセル移動)

また、どちらかと言うと剣と太刀のテクニックですが、剣の縦振り、太刀の横振りといった相手のヒットバックの長い攻撃は、ダッシュからもう一発入れることができます

(剣の右ダッシュ右コンボ)

比較用動画

1分ほどの比較用動画です。自分で練習場に潜るのが面倒な方は。

タップ回避とダッシュのアニメーションの長さ、無敵時間(恐らく白い影が出ている間)の差、ダッシュ攻撃からの縦攻撃の挙動の速度がわかるかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • タップ回避 … 敵の攻撃を避けるときにのみ使う
  • 長押し回避 … チャージキャンセル移動、チャージを溜めたい時に使う

私本人も意識して使い分けられるほど操作に熟達していませんが、使い分けられるのが理想です。

判定の狭いチャージ攻撃は密着からのタップ回避でタイミングが合えば避けられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました