【タルコフ/EFT】Mechanicタスク「Gunsmith(ガンスミス)」攻略メモ

Escape from Tarkov(エスケープフロムタルコフ)、略称タルコフ・EFT

EscapeFromTarkov(エスケープフロムタルコフ)、Mechanicタスク「Gunsmith(ガンスミス)」に関する情報を掲載しています。
タルコフ攻略の参考にしてください。

この記事は筆者が初心者の頃に作成したメモや、プリセット編集が使いやすいのにWikiで掲載していなかったため、次シーズンに向けて作成していたMechanicタスク「Gunsmith(ガンスミス)」の攻略メモになります。
なるべく手入れをしていく予定ですが、不足している情報も多いかもしれません。
各Wikiの内容に加えて、ポイントを押さえる形でこの記事を活用してもらえれば嬉しいです。

Patch 0.14.0.0※2023/12/27アップデート
現在、part24までクリア済み・更新対応

目次

ガンスミスについて

ガンスミスは経験値が獲得でき、トレーダーから購入できるアタッチメント・パーツが増えていくメリットがあります。
しかし、最初こそ手が付け難く感じ、お金も多少なりともかかるタスクです。

一度経験しておくことで二回目がかなり楽になります。
武器のカスタマイズにも慣れることができますから、慣れていない方はぜひ挑戦してみてください。

武器・アタッチメントやパーツの入手方法は知っておきたい

武器・アタッチメントやパーツの入手方法
  • トレーダーから購入して入手
  • トレーダーから交換して入手
  • フリマで購入して入手
  • Scav出撃時の武器を修理して入手

ガンスミスで使用する武器のアタッチメントやパーツの入手方法を知っておくとコスト削減に繋がりますよ。
特にトレーダーからの購入を活用しましょう。
フリーマーケットでの購入は基本的にトレーダーよりも高価な場合がほとんどになります。
値段が高くなるので、最終手段としましょう。

発展内容として、Scav出撃時に所持していた武器を修理し、耐久値を規定ラインまで戻してカスタマイズしていくこともできます。
これもコストダウンにつながるので活用してください。

ガンスミスを経験しておくことで金策にも使える知識が得られる

ガンスミスで使用する特定のアタッチメント・パーツはかなりの高額で取引されがちです。
ガンスミスを経験することで、どのアタッチメントに需要や価値があるのかが良くわかるようになってきますよ。
金策にも活用できる知識になりますからぜひ取り組んでみてください。

CRD 5.56

カスタマイズした武器を納品できない場合

納品できない場合
  • 情報が過去のもので、バージョンアップされていない
  • マガジンに弾薬が装填されており、重量が増えている
  • 指定の条件(※)が満たされてない
    • 折りたたむ
    • マガジンを外す
    • 各アタッチメントの色指定
  • バグ

※指定の条件は、Gunsmithのpartにより異なる

カスタマイズした武器を納品できない場合は上記のことをチェックしてください。
筆者は、マガジンに弾が装填されていたこと、アタッチメントの色がBlack指定で少し色の似ているものを取り付けていたことで躓きました…

おおよその問題は「Gunsmithのpartにより異なる指定の条件」だと思われます。

Gunsmith – Part 1「MP-133」

ハイドアウトが拡張されていない状態でのガンスミスはプリセット編集が開放されていません。
少し面倒ですが、がんばりましょう。

MP133 rails

MP133 railsはHDDと交換になります。
フリマも解放されていないでしょうから、入手次第交換しましょう。

MP-133 plastic pistol grip

ピストルグリップ

「MP-133 plastic pistol grip」は、ワイプ序盤に売り切れがちです。
Jaeger解放後、隙を見て入手しましょう。

Gunsmith – Part 2

他のタスクも解放されますから、Part2までは序盤にがんばって終わらせておきたいですね。

レーザーサイト系なら何でもよい

X400

ワイプ序盤はTBLですら売り切れるので、適当にScavから入手したレーザーサイトを付けておくのもおすすめです!
筆者は「X400」を装着して納品しました。

Gunsmith – Part 3「MP5」

MP5はPeacekeeperから購入する

Gunsmith - Part 3「MP5」

50連マガジンは交換で入手しよう

HK MP5 9×19 X Products X-5 50-round drum magazine

「HK MP5 9×19 X Products X-5 50-round drum magazine」は交換で入手しましょう。

HK MP5SD B&T tri-rail ring mount

HK MP5SD B&T tri-rail ring mount

「HK MP5SD B&T tri-rail ring mount」は、カーマニュアルと単三電池で交換できますよ。

Gunsmith – Part 4「OP-SKS」

Gunsmith - Part 4「OP-SKS」

Part4あたりになるとハイドアウトの拡張も進み、プリセット編集でタスクを進められるようになってくる頃でしょう。

OP-SKSはJeagerから購入する

OP-SKS

Gunsmith – Part 5「M870」

M870 Magpul MOE handguard

M870 Magpul MOE handguard

「M870 Magpul MOE handguard」は交換もできますが、購入もできます。
信頼度を上げてからでもいいと思いました。

Gunsmith – Part 6「AKM」

Gunsmith - Part 6「AKM」

筆者はマガジンを30連でないものを装着して躓きました…
プリセット編集のパッと見では区別がつかないので、カーソルを合わせて30連マガジンを選択しましょう。

サイレンサーはMechanicから交換するのがおすすめ

「SilencerCo Hybrid 46 multi-caliber sound suppressor」はMechanicから交換する

「SilencerCo Hybrid 46 multi-caliber sound suppressor」はMechanicから交換するのがおすすめです。
フリマで買おうとすると倍くらいの値段になります(;´・ω・)
このサイレンサー「Hybrid 46」は他のカスタマイズでも使用することになるので覚えておきましょう。

ShiftグリップはMechanic信頼度1で武器から外して装着できる

「Fortis Shift tactical foregrip」

「Fortis Shift tactical foregrip」は通常Peacekeeper.LL4より購入できるのですが、Mechanic.LL1で交換できる「MPX MQB」にアタッチメントとして付属しています。

これを利用することで、信頼度が4になるまで待たなくてもタスクを進めることができますよ。

Gunsmith – Part 7「M4A1」

Gunsmith - Part 7「M4A1」

サプレッサーはpart6同様交換がおすすめです。

M4A1はPeacekeeperから購入できる

「M4A1」

Peacekeeper.LL2より交換できる「M4A1 Standard」を採用したカスタマイズです。

60連マガジンはPeacekeeper.LL3で交換する

5.56x45 SureFire MAG5-60 STANAG 60-round magazine

60連マガジン(5.56×45 SureFire MAG5-60 STANAG 60-round magazine)は、Peacekeeper.LL3にて交換で入手できます。

Gunsmith – Part 8「AKS-74N」

Gunsmith - Part 8「AKS-74N」

AKS-74NはPraporから購入できる

「AKS-74N」

AK Zenit B-30 handguard with B-31SはMechanicで交換

「AK Zenit B-30 handguard with B-31S upper handguard rail」

「AK Zenit B-30 handguard with B-31S upper handguard rail」はMechanicで交換できるのでこれを活用すると良いでしょう。
信頼度が低い状態でも活用できますね。

Gunsmith – Part 9「P226R」

Gunsmith - Part 9「P226R」

P226RはPeacekeeper

「P226R」

Gunsmith – Part 10「AK-105」

Gunsmith - Part 10「AK-105」

余談ですが、マガジンの弾は回収しておきましょう。
筆者は初めてクリアした時に弾薬が装填されていて納品できませんでした…

Gunsmith - Part 10「AK-105」

AK-105はPraporから購入する

AK-105

6L31 60-round magazine

「6L31 60-round magazine」

「6L31 60-round magazine」は、Praporで交換できます。

Gunsmith – Part 11「KRISS Vector」

Gunsmith - Part 11「KRISS Vector」

サイドレールを外す必要があるので注意してください。

VectorはSkierから購入する

VectorはSkierから購入

Gunsmith – Part 12「MPX」

Gunsmith - Part 12「MPX」

MPXはPeacekeeperから購入できる

MPXはPeacekeeperから購入

TD120001を交換しよう

Tactical Dynamics Skeletonized

Annihilatorを交換しよう

Annihilator

LAS/TAC 2 tactical flashlightはM4A1 SAIを交換して取り出す

LAS/TAC 2 tactical flashlight
LAS/TAC 2 tactical flashlightを外す

Gunsmith – Part 13「RASS」

Gunsmith - Part 13「RASS」

RSASSはPeacekeeperから購入できる

RSASSはPeacekeeperから購入

Vodoは交換がおすすめ

Gunsmith – Part 14「HK416A5」

Gunsmith - Part 14「HK416」

HK416A5はPeacekeeperから購入できる

HK 416A5はPeacekeeperから購入

Gunsmith – Part 15「AS VAL」

Gunsmith - Part 15「AS VAL」

ストックを外さないとピストルグリップが変更できません。

AS VALはPraporから購入できる

AS VALはPraporから購入

R43 VALは交換がおすすめ

R43 VALは交換

AR-15ストックは交換がおすすめ

AR-15ストックは交換がおすすめ

Gunsmith – Part 16「DVL-10」

Gunsmith - Part 16「DVL-10」

武器自体がトレーダーから購入すると高額なので、基本的にフリマで購入・マークド部屋で入手するのがおすすめですね。

Gunsmith – Part 17「AK-102」

Gunsmith - Part 17「AK-102」

AK-102はMechanicから購入できる

AK-102はMechanicから購入

Gunsmith – Part 18「AKMN」

Gunsmith - Part 18「AKMN」

Blackのパーツを使いましょう!
筆者は別の柄のものを買ってしまい、余計にお金がかかりました…
特に「ハンドガード」「グリップ」に気を付けてください。

AKMNはPraporから購入できる

AKMNはPraporから購入

Gunsmith – Part 19「SVDS」

Gunsmith - Part 19「SVDS」

Gunsmith – Part 20「Springfield」

Gunsmith - Part 20「Springfield」

M1AはPeacekeeperから購入できる

M1AはPeacekeeperから購入

マウントは交換がおすすめ

マウントは交換がおすすめ

Gunsmith – Part 21「M1911A1」「M700」

Gunsmith - Part 21「M1911A1」
Gunsmith - Part 21「M700」

M700はPeacekeeperから購入できる

M700はPeacekeeperから購入できる

M1911A1はPeacekeeperから購入できる

M1911A1はPeacekeeperから購入

Gunsmith – Part 22「M4A1」

Gunsmith - Part 22「M4A1」
ハンドルを外す

60連マガジンは2種類あります。
お好み、もしくは相場で安価な方を採用すると良いでしょう!

また、サーマルスコープはタスククリア後に入手できます。
タスク後にPart22に取り組むのがおすすめですね。

M4A1はPeacekeeperから購入できる

M4A1はPeacekeeperから購入

PMAG60連マガジンは交換がおすすめ

PMAG60連マガジンは交換がおすすめ

MAG5-60連マガジンは交換がおすすめ

MAG5-60連マガジンは交換がおすすめ

Alexamder Arms 10 inch railは高額

Alexamder Arms 10 inch railは高額

サーマルスコープは高額交換アタッチメント

サーマルスコープは高額交換アタッチメント

タスク報酬でもらえるサーマルサイトでもありますから、入手後にガンスミスをやるのがいいかもしれません。

UNV DLOC-IRO sight mountは交換がおすすめ

UNV DLOC-IRO sight mountは交換がおすすめ

Gunsmith – Part 23「MK47」

Gunsmith - Part 23「MK47」

Mk47はSkierから購入する

Mk47はSkierから購入

Mk47 409mm barrelは高く売れる

Mk47 409mm barrel

「Mk47 409mm barrel」はこの「Gunsmith – Part 23」自体をクリアしないとトレーダーから購入できません。
しかし、クリアするためには「Mk47 409mm barrel」が必要で…
というわけでかなりの高額商品になります。
覚えておきましょう。

Gunsmith – Part 24「SR-25」

Gunsmith - Part 24「SR-25」

SR-25はPeacekeeperから購入できる

SR-25はPeacekeeperから購入

Gunsmith – Part 25「PKP」

武器「Kalashnikov PKP」はボス「Kaban」討伐で入手できます。

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

kanbatchのアバター kanbatch Writer

多趣味な何でも屋です。
主に後続の人が苦労しない様にノウハウをまとめることを好みます。
たまにYoutubeで解説動画を投稿してます。

コメント

コメントする

目次