【Slay the Spire】サイレントのボスレリスワップについて【攻略】

Slay the Spire
スポンサーリンク

Slay the Spire(スレイザスパイア)、サイレントのボスレリックスワップについて考察を行っています。

忙しい人向けまとめ
  • 理論的にも、実際にも”ボスレリスワップ”は良くない
  • ボスレリックスワップは他の選択肢との排他
  • 交換結果が「75G+スターターレリック以上の価値」を持っていなければ、悪い選択肢
  • 良い結果が出るのは約33%。(7/21)
  • ウォッチャーはやや適正が高いかも。
スポンサーリンク

「スターターレリック失い、ランダムなボスレリックを1つ入手する。」

「スターターレリック失い、ランダムなボスレリックを1つ入手する。」 はネオーのボーナスによる選択肢のうちの一つです。

キャラクターごとに設定されている初期レリック「バーニングブラッド」「蛇の指輪」「ひび割れたコア」「清水」を失い、ランダムなボス報酬レリックと交換します。

交換先のボスレリックは以下です。キャラクターごとに固有のものがあり、固有レリックは他のキャラでは出ません。

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ すれいざすぱいあ サイレント 蛇の指輪 評価 ボスレリック スワップ 交換 ランダムなボスレリック
ボスレリック一覧

「ボスレリスワップ」と略されることが多いので、当記事でもこの略称を使います。(Boss relic swap/Boss swapの略)

今回の記事ではサイレントのボスレリスワップについての考察を行います。

スポンサーリンク

「蛇の指輪」の評価

まず、引き換え元になるレリックの評価を行ってみましょう。

サイレントのスターターレリック、「蛇の指輪」はゲーム内でも最強格のレリックです。

Slay the Spireは戦闘を解決するキーカードを一刻も早く引き込むことが重要なゲームなので、タダで貰える2ドローは非常に大きいです。

蛇の指輪 評価 サイレント silent slay the spire スレイザスパイア

ドローした分だけプレイの選択肢が増えることになるので、1ターン目が特に重要な雑魚戦闘において大きく被弾を抑えてくれます。

例えばACT2の敵、「アボカド」は1ターン目に必ず21点アタックをします。(アセンション20)

これに合わせてブロックできるか否かで、「アボカド」戦のHP損失は大きく変動します。

アボカド 21ダメージ 痛い ACT2 雑魚 強い 弱い slay the spire コツ
スポンサーリンク

踏まえて、サイレントのボスレリスワップの評価

つまり、ボスレリスワップは開幕2ドローと、ボスレリックとのトレードオフです。
更に言うと、本来入手出来るはずだった他の選択肢(最低でも75G以上)を選択できなくなります。

Slay the Spire スレイザスパイア スレスパ すれいざすぱいあ サイレント 蛇の指輪 評価 ボスレリック スワップ 交換 ランダムなボスレリック
ボスレリック一覧

ボスレリスワップで貰える、ACT1時点でのボスレリックの個人的な評価は以下です。

当たりハズレ微妙
アストロラーペししおどしスネッコアイ
コーヒードリッパー融合ハンマーリストブレード
パンドラの箱スレイバーの首輪大蛇の指輪
ルーニックドーム呼び寄せる鐘漂う凧
賢者の石壊れた王冠チョーカー
ピラミッド小さな家空っぽの檻
呪われた鍵エクトプラズム聖樹皮

「微妙」判定は「2ドロー」と比較するとほぼ等価という意味です。

これを当たり扱いにするかハズレにするかで大きく変わってくると思います。

しかし、ボスレリックスワップは他の選択肢を潰している

しかし、ネオーのボーナスの他の選択肢との排他でボスレリスワップを選ぶので、2ドローとのトレードオフで得たものは、2ドローより高い価値のものである必要があります。
等価では不味いのです。

“微妙”をハズレに含めるのなら、21個のレリックのうち7個しか当たりが存在しない(33%で当たり、67%でハズレ)ので、サイレントのボスレリックスワップはあまり強くないというのが私の考えです。

評価の怪しいレリック

  • 融合ハンマー
    • サイレントの死霊化,触媒の強化依存度は大きく、強化が不可能という特性は他のキャラクターより大きくデメリットになる
  • リストブレード
    • ACT1~2でナイフ系カードが拾えた場合は有利だが、ACT3以降は2ドローのほうが有利になる。
  • スネッコアイ
    • スターターデッキは低コストのカードが多いため、前半戦は不利
    • 後半戦では悪夢,死霊化,バレットタイムのような相性の良いカードが多い
  • チョーカー
    • 毒デッキでない場合、カード制限が苦しい
  • ししおどし
    • ポーションはエリートを踏む権利
    • ポーション入手不可は全てのキャラにおいてACT1~2において大きなビハインド
    • 特にサイレントは最強カードの一角「錬金術」が取れなくなる
スポンサーリンク

実際のところ、どうなのか(XecnaR氏の統計データ)

サイレントの名手、XecnaR氏はA20H(アセンション20+心臓)でサイレントの勝率で82%を叩き出すほどのプレイヤーです。(50ランの統計)

氏は最近まで「サイレントのボスレリックスワップのみ」チャレンジを行っており、50ランの統計を付けました。

以下のような結果が得られたようです。(勝率64%)
参考(氏の配信上での統計データ):https://docs.google.com/spreadsheets/d/1hNrqA5JlXgz8Ie-bdCToloTeF2JmSDQpxtA8fiGyucE/

サイレント ボスレリックスワップ boss relic swap ボスレリック 評価 スターター slay the spire
出現レリック内訳

チョーカーや呼び寄せる鐘、スネッコ、融合ハンマーの戦績が良いのが意外です。

氏は「パンドラの箱」と「ピラミッド」は勝利と等しいと考えているため、MODによりそれらレリックが出現しないよう設定しています。

そのため、実際にはもう少し勝率は大きくなると予想できます。

しかし、氏は直近の100戦、ボスレリスワップしない通常のランで「36-14(72%)、41-9(81%)」の戦績を残しているため、ボスレリスワップにより勝率は低くなる傾向にあると言えるでしょう。

個人的な予想ですが、スターターレリックが変更されることによってピックの判断が大きく変わってくるため、キャラ習熟度が低い我々一般人であれば勝率は更に低下するのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

(50ランの統計を情報元にして良いかは正直な所怪しいですが)理論的にも、実際のプレイでもサイレントのボスレリックスワップは良くなさそうということがお伝えできたのなら幸いです。

忙しい人向けまとめ
  • 理論的にも、実際にも”ボスレリスワップ”は良くない
  • ボスレリックスワップは他の選択肢との排他
  • 交換結果が「75G+スターターレリック以上の価値」を持っていなければ、悪い選択肢
  • 良い結果が出るのは約33%。(7/21)
  • 最強のサイレントプレイヤーが50ランの比較で実証

実際には、ネオーのボーナスの選択肢が弱かった場合スワップする事はありますが、基本的には弱い選択肢だと私は思います。

弱すぎるネオーのボーナスの4択の例

具体的にはこういった選択肢の場合、やむを得ずボスレリスワップする場合があります。

  • カードを一枚獲得
  • MAXHP+7
  • ゴールドをすべて失い、MAXHP+14
  • ボスレリックスワップ

MAXHPは序盤戦において何ももたらさないためです。

後半戦では心臓の2ターン目の強打57点を顔面で受けるためにMAXHPが有用である場合がありますが、スレスパは序盤戦が特に重要と考えられているためです。

一応、最大HP増加 = 休憩での回復量増加なので、休憩一回あたり1~2HP、ACTを跨ぐごとに2~3HP程度の回復量が増加します。(回復量は最大HPの20%)

また、カードを一枚獲得はゲーム内では75Gと等しいと言われています。
しかし、常時4エナジーにする権利と比べると75Gは微妙と考えることが出来、この場合はボスレリスワップが正しいプレイと考えることもできます。

おまけ:他のキャラではどうか

基本的にボスレリスワップは、序盤戦が弱くなり、後半戦がやや有利になると言えます。

細かく当たり外れの検討はしませんが、私の意見は以下です。

ディフェクト

ACT1ボスがガーディアンかつ、道中でエリートを踏む予定があまりない時のディフェクトであれば、ボスレリックスワップは良い選択肢かもしれません。

開幕の雷オーブ1召喚の価値は後半では低いためです。

逆に、道中でエリートを踏む場合や敵を多く踏む場合は開幕の1ライトニングオーブの価値はダブルキャストによって1エナジー16ダメージになります。
また、開放しない場合でも細かなダメージを出してくれます。

序盤では1点2点の細かい打点が大きなHP損失の分かれ目になり、ディフェクトのスターターレリックの価値はそれなりに高いと言えます。

アイアンクラッド

アイアンクラッドに関しては評価が難しいです。

私の考えでは、100G,250Gスタートや、レアカードスタートほどの価値は無いです。

アイアンクラッドは優秀な前倒しな打点カードが多いため、序盤戦は他のキャラクターより安定して進めることができます。

一方で、ACT1は?マスが弱いと言われており、多く雑魚敵マスを踏みたい関係上、バーニングブラッドからもたらされる回復量は大きいです。

しかし、追加の1エナジーがあれば6HP以上守れるだろうという考え方もできるため、非常に評価が難しいです。

つまり、悩むぐらいメリットとデメリットが拮抗していて、それはレアカード等他の選択肢に比べて強くはないという判断です。

ウォッチャー

ウォッチャーに関しては、ボスレリスワップはかなり有効と言えます。

ウォッチャーは打点が出、序盤が安定するので序盤戦が弱くなるというボスレリスワップのデメリットを緩和することが出来ます。

さらに、ウォッチャーの初期レリックは「好きなターンに1エナジー追加する」という効果なので、「毎ターン1エナジー追加する」エナジーレリックの下位互換と言えます。

一方で、世界最強のウォッチャープレイヤーの論では、「勝つことが当たり前のウォッチャーでわざわざ呼び寄せる鐘とか、壊れた王冠みたいな下振れで負けるのはもったいなくね?(大幅な意訳)」という意見もあり、トッププレイヤーの間でも意見が分かれるようです。

とはいえ、他のキャラクターよりボスレリスワップ適正が高いことは間違いないでしょう。

この記事のコメント一覧