WindowsUpdateのダウンロード速度が遅い時の改善方法

WindowsUpdate(ウィンドウズアップデート)のダウンロード速度が遅い時の対処法を解説しています。

「アップデートが始まったのに、全然ダウンロードが終わらない」といった悩みを解決します。

是非参考にしてみてください。

目次

WindowsUpdateのダウンロード速度が遅い時の対処方法

ダウンロード速度が遅い原因

主な理由として

  • 回線速度がそもそも遅い
  • パソコンの設定でダウンロード速度を控えめにしている

その他の要因も考えられるが、PC環境次第。

主な理由としては、「回線速度がそもそも遅い」「パソコンの設定でダウンロード速度を控えめにしている」といった原因が考えられます。

その他の要因も考えられますが、その場合には各々のPC環境次第な部分が大きいので割愛します。

そもそもの問題として回線速度が遅い場合には、インターネット回線の改善を行ってください。

動画などはサクサク見れるのにWindowsUpdateのダウンロードのみに時間がかかる方は、WindowsUpdateの設定が良くないのだと推測できます。

そのような症状の方は、当記事の紹介する設定で改善出来るはずです。

WindowsUpdateの設定内容

WindowsUpdate配信の最適化
WindowsUpdate詳細オプション
WindowsUpdateの設定内容(Windows11)
  • WindowsUpdate
    • 詳細オプション
    • 配信の最適化
    • 詳細オプション

絶対帯域幅

「バックグラウンドでの更新プログラムのダウンロードに使用される帯域幅の量を制限します」にチェック

「フォアグラウンドでの更新プログラムのダウンロードに使用される帯域幅の量を制限します」にチェック

各300Mbpsに設定

WindowsUpdateの詳細オプションにて作業を行ってください。

帯域幅を300Mbpsに設定しているのは、WindowsUpdateに対して速度に制限をかける必要がないからです。

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

kanbatchのアバター kanbatch Writer

多趣味な何でも屋です。
主に後続の人が苦労しない様にノウハウをまとめることを好みます。
たまにYoutubeで解説動画を投稿してます。

コメント

コメントする

目次