WebPを手軽にJPG・PNGなどに変換、画像保存する方法

ツール系

WebP(ウェッピ―)という拡張子ファイルをJPGやPNGなどの拡張子で保存・ダウンロードする方法を紹介していきます。

画像を保存すると、「image.webp」のようなファイル名で保存されることが多くなってきました。

しかしながら、webpの拡張子に対応してないソフトウェアも多く、「.webp」での保存では都合の悪い人がいるかと思われます。

今回は、そんな方におすすめの保存方法を紹介していきますね。

スポンサーリンク

WebP(ウェッピー)について

WebPについて簡単に説明すると、画像ファイルにJPGとかPNGとかあるじゃないですか?

そういったものの、一番新しいやつです。

専門の方でない限りはそれくらいの理解度で良いでしょう。

詳しく知りたい方は、Wikipediaを参考にどうぞ!

WebPとは?

Googleが開発した圧縮率が高い画像フォーマット。

一部のソフトウェアで使えないことがある

普通に画像を保存する場合には特に問題はないと思いますが、WebPの問題点として一部のソフト・ツールでは対応していないことが挙げられます。

WebPは新しい拡張子ですし、古い慣れ親しんだソフトなどは対応してないことが多いでしょう。

kanbatch
kanbatch

.webpってなんやねん!

Adobeのソフトで使えないやん!

僕はAdobeソフトが使えなくて.webpってなんだ?と思いましたね。

WebPの拡張子に困ってる人は同じような人が多いのではないでしょうか。

どうしてWebPで掲載しているサイトが増えてるの?

このWebPで掲載しているサイトが増えている理由は、GoogleがWebPの使用を推奨しているからです。

そのような理由のために対応しているサイトが増えており、これからその傾向は強まっていくと推測されます。

なので、WebPへの変更で困っているユーザーは、ソフトウェアがWebPに対応してくれるのを待つか、WebPで保存した画像を別の拡張子に変更させるしかありません(´・ω・`)

スポンサーリンク

GoogleChomeで変換ダウンロードしてくれる「Save Image as Type」がおすすめ

.webpを右クリックでPNGやJPGに変換してくれるのが、「Save Image as Type」です。

手軽で使いやすいこともあり、おすすめです!

Save Image as Typeの使い方

「Save Image as Type」の使い方は取ってもシンプルです。

保存したい画像を右クリックから「Save Image as Type」を選択して、保存したい拡張子を選ぶだけです。

保存する拡張子は使用するソフトウェア次第ですが、JPG/PNGどちらにも対応しているものが多いはずなのでどちらでも良いでしょう。

Save Image as Typeの使い方
  1. 保存したい画像を右クリック
  2. 「Save image as Type」を選択
  3. 保存したい拡張子を選択
スポンサーリンク

既にWebPの画像を保存してる場合には変換サイトを活用しよう

WebP画像を変換してくれるサイトがあります。

こういった変換サイトの種類は結構多いはずなので、「WebP 変換」などで検索してみて自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

当サイトの画像は、自動的にWebPに変換される仕組みになっています。

WebP以外の画像で保存したい場合には、こういった変換ツールを各自でご利用ください。

ツール系
スポンサーリンク

色々なゲームを攻略しています。
ゲームに関する質問は配信(Twitch/Youtube)でも受け付けてますよ。
・お問い合わせ/仕事依頼⇒Twitter/kanbatchan@gmail.com
※当サイトの記事はリンクフリーです。

著者をフォローする
著者をフォローする
スポンサーリンク
BaskMedia – 攻略情報の研究・ノウハウ発信サイト

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました