【The Cycle:Frontier】インタラクティブマップ、ThecycleDBを活用しよう【アイテムマップ】

TheCycle:Frontier
スポンサーリンク

「The Cycle:Frontier」のマップアプリ、thecycleDB.comを紹介しています。

スポンサーリンク

thecycleDBとは(thecycleのマップ)

thecycleDBは英語圏で開発されたthe Cycle:Frontier用のデータベース兼マップアプリです。

リンク:https://www.thecycledb.com/

現在ノーマルマップ、ハードマップ共に対応しており、画像のように、お目当てのアイテムがどこに湧く可能性があるか表示することができます。

例えば画像では、ノーマルマップ中のすべての鉱石湧き場所を表示しています。

○○はどこにある?の解決法

「光学ガラス」「破片スライサー」等の任務で納品の必要があるアイテム等ですが、このサイトを使えばどこでドロップする可能性があるか調べることができます。

例えば画像では、「破片スライサー」のドロップ場所を調べた結果、通信基地、もしくはジャングルキャンプであることがわかります。

the cycle:Frontier 破片スライサー ザサク ザサイクル マップ 画像 場所 ドロップ

その他、武器データ等も

武器のページではどの武器がどの距離から距離減衰が開始し、どのアーマーに対してどれだけのダメージが出るか等のデータも網羅されています。

例えばエキゾチックレアリティのAR、KOR-47は「30mから距離減衰が開始し、60mで最低ダメージになり、緑アーマーには適正距離で10.826ダメージ、距離減衰による最低ダメージは8.12ダメージになる」というようなことがわかります。

The Cycle:Frontier ザサク ザサイクル 距離減衰 計算式 ダメージ計算 減衰 低下 アーマー 貫通度

データ比較してみるとわかりますが、C-32ボルトは緑アーマーまでなら2確、それ以上でも3確でかなり強力であること、白、緑ショットガンは赤アーマー相手でもかなりのチャンスが有る武器である事、マンティコア以上のARは対mobでの効果は高いが、対人性能はマンティコア時点でほぼ頭打ちになること等がわかります。

その他

その他、なにかおもしろいデータが登録されていたら紹介したく思います。

この記事のコメント一覧