【Dark and Darker】バーバリアンのビルドガイド、おすすめ武器、スキル、パーク構成等

Dark and Darker(DaD)、バーバリアンのビルド例、装備例等を掲載しています。

プレイテスト#4(2023/2/6~2/13)時の情報です。
以降のプレイテストやバージョンでは推奨ビルドが異なっている可能性もあるため、注意してください。

目次

簡単に

  • 野蛮な咆哮/激怒
  • クォータースタッフ(ホルスマンアックス/ペリングアックス)
  • スマッシュ(扉と宝箱破壊)
  • 両手武器エキスパート(両手武器攻撃力アップ)
  • 野蛮(上裸で攻撃力アップ)
  • タフネス(HPアップ)

バーバリアンの強み、弱み

他のクラスと比較したバーバリアンの強い点、弱い点です。

バーバリアンが優れている点
  • 「野蛮な咆哮」(行動不可の状態異常)スキルによるPvE性能
  • 一撃のダメージの重さのためのPvE性能
  • 一撃のダメージの重さのためのPvP性能(HS130ダメージ程度出るので後衛職は一撃)
  • 「クラッシュ」パークでの扉破壊/宝箱破壊で最速ファーム
  • HPの基礎値が多く、死にづらい
バーバリアンが劣っている点
  • 射程の短さ
  • 斧を持つ場合はモーションと移動速度ペナルティがキツい
  • PvPをしようとすると投げ斧が必要で、お金がかかるしインベントリを圧迫する

スキル構成

「野蛮な咆哮」/「激怒」以外の選択肢は無いと思います。

PvP、PvEともにこの組み合わせの利便性が高いです。

  • 野蛮な咆哮 – 周囲のモンスターに恐怖を与え、攻撃力を低下させる。
    • PvP、PvEともに強力なスキル。
    • 弓を持ったmobや魔法使いのmob、ゾンビの毒霧発生前に使用して何かされる前に倒せる
    • 25%物理ダメージボーナス低下はかなり大きな数値。PvPでも使い忘れないようにしよう
    • ミミックに撃ってミミックかどうか鑑定できる
  • 激怒 – 6秒間、力が1.5倍になり、移動速度が15%増加し、防御力が-20%される。
    • 火力アップと加速が強力で、PvPでの押し引きで非常に強力なスキル

野蛮な咆哮はPvEのみならず、対人で撃つことで相手の攻撃力を低下させることができる事を忘れないでください。

激怒も、移動速度だけではなく攻撃力も上がっています。

パーク構成

私の環境では、「スマッシュ/両手武器エキスパート/野蛮/タフネス」で運用しています。

必須枠
  • スマッシュ – 両手武器を持っているとき、扉や宝箱を破壊できる
    • 逃げ足の確保、ファーム速度の速さ。バーバリアンをプレイする主な理由。
  • 両手武器エキスパート – 両手武器を使用した時、物理ダメージが5%上昇
    • フェーイングアックス、もしくはクォータースタッフがメイン武器のため。
    • ホースマンアックスをメイン武器にしたい場合はいらないかも
自由枠
  • タフネス – HPが10%増加
    • 単純に死にづらくなる。バーバリアンは基礎体力が多いので増加値も多い。
  • 野蛮 – 上半身裸だと物理ダメージボーナスが10%増加
    • 10%は力5~6相当ぐらい。
    • 火力の伸びが凄いためほぼ必須パークだが、良い装備相手だと10%ボーナスの有無で一撃キルラインで変わることが殆どない。そのため、このパークを外して防具を付け、相手の攻撃に耐えられるようなスタイルでの運用をするプレイヤーも少なくない。
  • 斧特性化 – 斧で攻撃すると10の追加ダメージ
    • 斧武器はもちろん、投げ斧にもボーナスが乗る。
    • 斧メインの場合取得を推奨。
  • 鉄の意思 – 魔法防御が100上昇
    • 効果量はかなり大きい。
    • 2層ボスに挑む場合とかに。(殆どの攻撃が魔法属性)

バーバリアンのおすすめ武器

「クォータースタッフ」がおすすめ武器です。

一般的には、「ホルスマン・アックス」(horseman’s axe)「ペリング・アックス」(felling axe)が強いとされているようです。
しかし、移動速度ペナが緩く、射程が長く、モーションが優秀なクォータースタッフに及ばないと思います。

  • ペリング・アックス – 一撃の威力がクォータースタッフより高く、射程が短い。
    • 両手武器,斧
    • 斧ジャンルの中では一番マシなモーション。
    • こちらを持つ場合は斧特性化を持つこと。
    • 一般的に人気があるのはこっち。装備が整っていなくてもHS120程度出る。
  • クォータースタッフ – 移動速度ペナが非常に軽く、攻撃モーションも良く、射程も長め。
    • 両手武器
    • 装備が整ってくると弱い装備相手はフェーイングアクスでなくても一確できる
    • 強い装備はフェーイングでも一確できない → どうせ2振りならスタッフでも良くない?
    • モーションと射程が優秀でフェーイングアクス対面での振り合いで有利
    • 移動速度ペナが驚異の-10(短剣と同じ)。後衛職を追い回しやすい
  • ホルスマン・アックス – 移動速度ペナが軽めの片手斧。
    • これをメイン武器にする場合はパークを付け替えること(両手武器が効かず、斧特性化が効く)
    • クォータースタッフのほうが総合的に良いと思う
    • 両手武器ではないので、クラッシュ(扉、宝箱破壊、発動条件が両手武器)のためにサブにクォータースタッフを入れること
  • その他の武器 – 好きなら使っても良いが、振りが遅かったりで総合的に弱いと思う。

装備が整った状況のダメージ

非バフ影響下(クォータースタッフ)

激怒バフ影響下

クォータースタッフ一撃でこの程度出るので、ペリングはオーバーキルだと思います。

ホルスマンアックスも同じぐらいの攻撃力しか出ないです。

フランシスコ・アックスを持とう

所詮「投げ斧」です。

ウッズマンから購入することが出来ます。

このゲームの対人戦において射程は非常に強力な要素で、持っているバーバリアンと持っていないバーバリアンではプレッシャーに大きな差があります。

主な使い道は以下のとおりです。

投げ斧の使い道
  • 近接職同士の間合いの測りあいで持ち出して投げつける
  • 逃げる相手へ追撃する(当たるとスロウがかかる)
  • 安全に遠距離からmobを釣る

消耗品ではありますが、命より高いものはないので、自分の命の価値が100Gより重くなったら2~4スタック買って持ち込むと良いでしょう。

正直、800Gとかで高い斧や武器を買うより、大量に投げ斧を持ち込んだほうが強いです。

斧特性化(斧に追加ダメージ10)のパークが乗ります。

バーバリアンの防具選び/サブステータス選び

装備が整ったバーバリアンと初期装備のバーバリアンでは、火力が1.7倍ぐらい違います。

ここでは、防具選びや装備のサブステータス等について言及します。

防具種にはこだわらず、攻撃力を盛るべし

ファイター以外の職は、防具を付ける目的の殆どがエンチャントによるダメージ増加のため、防御力にこだわる必要はありません。

そのため、防具についている特殊効果(青文字)で装備を選びましょう

ついていると嬉しい能力値
  • 真物理ダメージ
  • 武器攻撃力
  • 追加物理ダメージ
  • 物理力
  • 物理力ボーナス
  • 全属性
  • 防具貫通%

ローグのような一撃あたりの攻撃が軽い職は真物理ダメージを好みますが、バーバリアンの場合は武器の基礎威力が高いため、最終ダメージに乗算される物理力や力、物理力ボーナスが上がっても嬉しいはずです。

上半身鎧

バーバリアンが上半身裸なのは、「野蛮」パークのためです。

野蛮のダメージボーナスはかなり大きな数値で、簡単に装備で補える量ではありません。
(10%物理ボーナス = 5~6″力”程度)

とはいえ、バーバリアンの攻撃力と武器の基礎威力は素でかなり高いため、装備が整ってくるとこのパークが無くても相手を1撃でキルすることができます。

装備が整っている相手だと1撃キルになりませんが、どのみち上裸パークがあっても1撃キルにならないので、装備が整ってきたら上半身鎧を付けても良いでしょう。

防御力が貰えるので生存率が上がります。

全裸の場合16%ダメージ軽減程度ですが、服を着る場合は24%軽減率程度になります。

対人戦

  • 投げ斧で牽制する
  • 敵が詰めてきたら or HP有利を作ったら詰めてキルを取りに行く

タイマンの対面解説

  • ファイター … 基本的に不利。槍と弓を持っていることがほとんどで、射程で勝てない。弓に撃たれず、槍に刺されない絶妙な距離感で投げ斧を構えて牽制する。装備が整ったファイターは非常に硬いので1撃キルは出来ない。
  • レンジャー … 基本的に不利。レンジャーが見ている通路に攻め上がることは出来ない。角待ちして倒すなり、円の収縮を待ったりして近接戦を挑む。特にスキルのあるタイミングは全部貰うと即死するので注意。上手いレンジャーはちゃんと槍を持ってきており、接近戦も強いので基本的な対処はファイターと同じく、投げ斧の距離感で戦うこと
  • ウィザード … 微有利。基礎体力が高いのでファイアボールを直撃されても死なない。ファイアボールを避けて相手の弾切れを誘う。ヘイストで加速されて逃げられるので、ペリングアクスの場合は移動速度ペナがきつくない武器に持ち替えて追いかける。クォータースタッフ推奨。
  • クレリック … 有利。攻撃力が低いしクレリックには投げ物がなく、クレリック側の射程も短いので負ける要素がない。
  • バーバリアン … 間合いの測りあい。HPが高くよほど装備が整っていないと1確できない上、射程差と攻撃速度差のためクォータースタッフを持っている側、投げ斧を持っている側が有利。スキルの効果時間は6秒なので、相手のスキルバフがない時間に戦うべし
  • ローグ … 有利。ローグに3発殴られる間に1発頭に叩き込めば倒せる。投げ物の性能も斧特性化と基礎STRのためにこちらが上。

パーティプレイ

  • 押し引きをする前衛職
  • ローグから後衛を守る
  • クレリックやウィザードが味方にいるとやりやすい

チームプレイのPvPでは、強いPTだと基本的に後ろにレンジャーかウィザードがいるため、近接職の役割は相手の詰めてくる近接職の対処になります。

また、味方にクレリックがいるとディバインストライクで追加ダメージを貰ったり、一瞬でHPを回復できるため仕事がし易いです。

ディバインストライクは基礎ダメージ枠に乗るようで、その上に物理ダメージボーナスが乗算されるため、かなり大きなバフ数値になります。

同様に、ウィザードはヘイスト、イグナイトでバーバリアンの補助ができます。

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

ゲームと百合をこよなく愛する紳士。
パッションが爆発すると記事を投稿します。
座右の銘は一切合切。

コメント

コメントする

目次