【パルワールド】個人サーバーのゲームバランス変更方法と各種おすすめ設定

個人サーバーの設定方法

パルワールド(Palworld)、個人サーバー・個人ワールドの設定方法やおすすめのサーバー設定・ゲームバランスなどのまとめています。
「サーバー名を変更したい」「ゲームバランスを自分で調整したい」「まずはどんなバランスで遊ぶのがおすすめなの?」といった方に役立つような記事を心がけています。
個人でサーバーを立てて遊んでいる方は、是非参考にしてみてください。

この記事はサーバー構築後、サーバー内のファイルを編集して「サーバー名の編集」「ゲームバランスの調整」を行うための記事です。
以下の記事の続きになります。

目次

サーバ-設定を行うための事前準備

サーバー内のファイルを編集するために、FTPソフトを使用していきます。
このFTPソフトを使用するためには、ポート開放をする必要があるかもしれません。
必要であれば、エックスーバー「パケットフィルター」ConoHa「セキュリティグループ」にて「TCP 22」の接続許可ポートを追加しましょう。

以下は各レンタルサーバーに合わせたポート開放手順になります。

エックスサーバーでのポート開放手順

エックスサーバーでのポート開放は、管理ページ「パケットフィルター設定」から設定

エックスサーバーでのポート開放は、管理ページ「パケットフィルター設定」から設定できます。

フィルタールールに、①「SSH「TCP 22」全て許可する②カスタム「UDP 16020」全て許可する」を追加

この時、パケットフィルター設定がOFFであれば、以下の作業は不要です。
ONにしたい方のみ作業を続けてください。

パケットフィルターをONにする場合

フィルタールールに以下を追加

  • SSH「TCP 22」全て許可する
  • カスタム「UDP 16020」全て許可する

サーバー構築時の記事でも紹介しています。
「パケットフィルター設定(ポート開放)について」

ConoHaでのポート開放手順

ConoHaの場合、デフォルトのセキュリティグループではTCP 22が開放されていない

ConoHaの場合、デフォルトのセキュリティグループではTCP 22が開放されていないため、FTPソフトを用いるサーバー設定では必ずこの作業を行う必要があります。

セキュリティグループを新規作成する

【ConoHa】セキュリティグループ > +セキュリティグループ

セキュリティグループ > +セキュリティグループ から新しいセキュリティグループを作成します。

セキュリティグループ作成項目
セキュリティグループ作成項目
  • セキュリティグループ名
    • 何でもよい
    • 分かりやすく「palworld」「palworld-port」あたりがおすすめ
  • 説明
    • 無くても良い
    • 「パルワールドとFTPソフト用のポート開放」なんて書いておけば丁寧かも

セキュリティグループ名を記入しましょう。
説明に関しては、後から設定項目を見直す機会に備えて、分かりやすくしておくのも初心者には必要かなと思います。

セキュリティルールを追加する

セキュリティルールの追加場所
セキュリティルール追加内容
セキュリティルール追加項目
  • パルワールド
    • プロトコル「UDP」
    • ポート範囲「8211」
  • FTPソフト
    • プロトコル「TCP」
    • ポート範囲「22」

この2つの設定を追加。

上記、二種類のセキュリティルールを追加してください。

FTPソフトを使ってサーバーに接続できるようにする

編集がしやすいように、FTPソフトを使ってサーバーファイルを編集していきます。
筆者はWinSCPというソフトを使って作業を行っています。

WinSCPを起動すると、サーバーへのログインが求められます。

WinSCPを使ってログイン作業
WinSCPログイン設定
  • ホスト名
    • IPアドレスを入力
  • ユーザー名
    • root
  • パスワード

各項目入力後、「ログイン」へ進みましょう。

もし、秘密鍵(SSH key)を利用した場合は追加で作業が必要です。
「設定」へ進んでください。

秘密鍵(SSH key)を利用している場合

WinSCP 秘密鍵の登録

SSH Keyを設定(エックスサーバー/ConoHa)した場合には追加で作業が必要です、
SSH > 認証 にて秘密鍵を登録します。

WinSCP 秘密鍵を変換

WinSCCPではPutty形式に変換しますか?と聞かれますが「OK」を選択して、上書き保存しちゃいましょう。

WinSCP 秘密鍵の登録確認

秘密鍵が登録されたらOKを選択して接続しましょう。

サーバー設定ジェネレーターを使った設定変更方法

有志の方が作成してくれたサーバー設定ジェネレーターを利用することで、自分でファイルの中を編集しなくて済みます。
ミスする可能性が少ないので初心者にはおすすめだと考えています。
Palworld server setting generator」を例に導入手順を紹介していきますね。

ジェネレーターでサーバー設定を出力する

パスワードの入力をお忘れなく

ジェネレーターでサーバーの設定をしていきます。
筆者の立てているサーバーでの設定も紹介しているので、おすすめの設定が知りたい方はこちらも参照してみてください。

各ゲームバランスの設定後、アドミンパスワードを生成して下さい。
このパスワードは管理者としてゲームにログインする際に使います。
メモを取るなどして忘れないようにしましょう。

各設定が終わったら「設定ファイルを作成」を選択

各設定が終わったら「設定ファイルを作成」を選択しましょう。

ダウンロードをブロックされますが、許可してダウンロードを続行

ダウンロードをブロックされますが、許可してダウンロードを続行します。

PalWorldSettings.iniをダウンロード

「PalWorldSettings.ini」というファイルがダウンロードできていればOKです。

設定ファイル(PalWorldSettings.ini)を上書きする

FTPソフトを起動し、「PalWorldSettings.ini」を上書きします。
「PalWorldSettings.ini」の場所は、各レンタルサーバーによって異なります。

設定ファイルのパス

エックスサーバー

/home/steam/Palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini

ConoHa

/opt/palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini

編集前のファイルは、手元でも良いので必ず保存・バックアップを行ってください。

あとはドラッグアンドドロップでファイルを移動し、サーバーを再起動することで設定が反映されているはずです。

サーバー設定を手動で変更する方法について

ここまでジェネレーターを使用してサーバー設定をしましたが、ここからは手動で変更する際の方法を紹介していきます。
主にジェネレーターが生まれる前の作業手順を残しているだけです。
この情報は必要に応じて活用してください。

設定ファイル「PalWorldSettings.ini」を開く

設定ファイル「PalWorldSettings.ini」を開く
設定ファイルのパス

エックスサーバー

/home/steam/Palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini

ConoHa

/opt/palworld/Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini

パルワールドのサーバー設定・ゲームバランスを変更するファイル「PalWorldSettings.ini」は、各レンタルサーバーによってファイルの場所が違います

編集前のファイルは、手元でも良いので必ず保存・バックアップを行ってください。

筆者は自分のパソコンの中に「パルワールドサーバー設定」というフォルダを作成し、その中に設定前の「PalWorldSettings.ini」を保存しています。
なにかファイルをいじる必要が出てきた場合には、こまめに保存を行うようにしてください。

ゲームバランス調整項目一覧

カスタム日本語訳
Difficultyゲームの難易度
DayTimeSpeedRate昼の経過速度
NightTimeSpeedRate夜の経過速度
ExpRate経験値の入手倍率
PalCaptureRate捕獲確率の倍率
PalSpawnNumRateパル出現倍率 ※パフォーマンスに影響します
PalDamageRateAttackパルの与えるダメージ倍率
PalDamageRateDefenseパルの受けるダメージ倍率
PlayerDamageRateAttackプレイヤーの与えるダメージ倍率
PlayerDamageRateDefenseプレイヤーの受けるダメージ倍率
PlayerStomachDecreaceRateプレイヤーの満腹度減少倍率
PlayerStaminaDecreaceRateプレイヤーのスタミナ減少倍率
PlayerAutoHPRegeneRateプレイヤーのHP自然回復倍率
PlayerAutoHpRegeneRateInSleepプレイヤーの睡眠時HP回復倍率
PalStomachDecreaceRateパルの満腹度現象倍率
PalStaminaDecreaceRateパルのスタミナ減少倍率
PalAutoHPRegeneRateパルのHP自然回復倍率
PalAutoHpRegeneRateInSleepパルの睡眠時HP回復倍率(パルボックス内)
BuildObjectDamageRate建築物に対するダメージ倍率
BuildObjectDeteriorationDamageRate建築物の劣化速度倍率
CollectionDropRate採集アイテムの入手量倍率
CollectionObjectHpRate採集オブジェクトのHP倍率
CollectionObjectRespawnSpeedRate採集オブジェクトのリスポーン間隔
EnemyDropItemRateドロップアイテム量の倍率
DeathPenaltyデスペナルティ None : ロスト無し, Item : 装備品以外のアイテム, ItemAndEquipment : すべての装備品とアイテム, All : 全ての装備品と装備品と手持ちパル
GuildPlayerMaxNumギルドの最大人数
PalEggDefaultHatchingTimeキョダイタマゴの孵化にかかる時間(h)
ServerPlayerMaxNumサーバーに参加できる最大人数
ServerNameサーバー名
ServerDescriptionサーバー説明
AdminPasswordAdminPassword
ServerPasswordサーバーパスワード
PublicPort外部公開ポート
PublicIP外部公開IP
RCONEnabledRCONの有効化
RCONPortRCONで使用するポート

各項目を参照しつつ数値を変更しましょう。
筆者の立てているサーバーでの設定も紹介しているので、おすすめの設定が知りたい方はこちらも参照してみてください。

設定変更後は、サーバーを再起動しましょう!

現在、筆者が行っているおすすめサーバー設定

筆者が現在行っているサーバー設定
  • 孵化時間1/72
    • デフォルトが長すぎるため
  • 死亡時、アイテムをロストしない
    • サーバークラッシュ時の保険

実例として筆者が行っているサーバー設定を置いておきます。
サーバー設定の参考として活用ください。

「DefaultPalWorldSettings.ini」(ファイルパス:home/steam/palworld/DefaultPalWorldSettings.ini)を編集することで、パルワールドにデフォルトで用意されているゲームバランス内容を編集できます。
詳細は「ワールド設定ファイル「PalWorldSettings.ini」の場所」を参照してください。

卵の孵化時間を1/72に短縮する

パルワールド 卵の孵化速度変更

卵の孵化にかかる時間がデフォルトだとかなり長いため、短縮を行っています。
設定後は、卵を再度孵化装置に入れなおすことで卵の孵化時間が短縮された状態になりました。

卵の孵化速度を1/72

変更後

PalEggDefaultHatchingTime=1.000000

変更前

PalEggDefaultHatchingTime=72.000000

死亡時に手持ちのパルや装備・所持品を落とさない

死亡時、アイテムをロストしないコード

不具合が起きてしまい、再接続時に地面に埋まってしまう。
サーバーが落ちたタイミングが悪いせいで、面倒な場所で死んでしまった。
ことを配慮して、「死亡時に手持ちのパルや装備・所持品を落とさない」設定を行いました。

しかし、デスルーラができてしまうなど、ゲームバランスに支障をきたしてしまうので、故意に悪用するのはNGとしています。

死亡時、アイテムをロストしない

変更後

DeathPenalty=None

変更前

DeathPenalty=All

その他設定や役立ちそうな情報

「PalWorldSettings.ini」ファイルのバックアップ

この記事ではサーバー構築初心者の方も多く閲覧していると思うので、「PalWorldSettings.ini」ファイルのバックアップを掲載しておきます。
「あれ?デフォルトの設定なんだっけ?」
「間違えて消しちゃった…」
という方向けですね。

Googleドライブではデフォルトのファイル自体を置いておきます。
ダウンロードして使ってください。

記事内では、クリックで開く「PalWorldSettings.ini」中身のコードを掲載しているので、既存のコードと照らし合わせる形で活用ください。

デフォルトの「PalWorldSettings.ini」コードを開く
; This configuration file is a sample of the default server settings.
; Changes to this file will NOT be reflected on the server.
; To change the server settings, modify Pal/Saved/Config/LinuxServer/PalWorldSettings.ini.
[/Script/Pal.PalGameWorldSettings]
OptionSettings=(Difficulty=None,DayTimeSpeedRate=1.000000,NightTimeSpeedRate=1.000000,ExpRate=1.000000,PalCaptureRate=1.000000,PalSpawnNumRate=1.000000,PalDamageRateAttack=1.000000,PalDamageRateDefense=1.000000,PlayerDamageRateAttack=1.000000,PlayerDamageRateDefense=1.000000,PlayerStomachDecreaceRate=1.000000,PlayerStaminaDecreaceRate=1.000000,PlayerAutoHPRegeneRate=1.000000,PlayerAutoHpRegeneRateInSleep=1.000000,PalStomachDecreaceRate=1.000000,PalStaminaDecreaceRate=1.000000,PalAutoHPRegeneRate=1.000000,PalAutoHpRegeneRateInSleep=1.000000,BuildObjectDamageRate=1.000000,BuildObjectDeteriorationDamageRate=1.000000,CollectionDropRate=1.000000,CollectionObjectHpRate=1.000000,CollectionObjectRespawnSpeedRate=1.000000,EnemyDropItemRate=1.000000,DeathPenalty=All,bEnablePlayerToPlayerDamage=False,bEnableFriendlyFire=False,bEnableInvaderEnemy=True,bActiveUNKO=False,bEnableAimAssistPad=True,bEnableAimAssistKeyboard=False,DropItemMaxNum=3000,DropItemMaxNum_UNKO=100,BaseCampMaxNum=128,BaseCampWorkerMaxNum=15,DropItemAliveMaxHours=1.000000,bAutoResetGuildNoOnlinePlayers=False,AutoResetGuildTimeNoOnlinePlayers=72.000000,GuildPlayerMaxNum=20,PalEggDefaultHatchingTime=72.000000,WorkSpeedRate=1.000000,bIsMultiplay=False,bIsPvP=False,bCanPickupOtherGuildDeathPenaltyDrop=False,bEnableNonLoginPenalty=True,bEnableFastTravel=True,bIsStartLocationSelectByMap=True,bExistPlayerAfterLogout=False,bEnableDefenseOtherGuildPlayer=False,CoopPlayerMaxNum=4,ServerPlayerMaxNum=32,ServerName="Default Palworld Server",ServerDescription="",AdminPassword="",ServerPassword="",PublicPort=8211,PublicIP="",RCONEnabled=False,RCONPort=25575,Region="",bUseAuth=True,BanListURL="https://api.palworldgame.com/api/banlist.txt")

あとがき

サーバー設定お疲れさまでした。
今後もサーバーに関する情報を更新していく予定です。
お楽しみに!

質問などありましたらお気軽にお尋ねください。
以下は上手くいかなかった場合に質問する方向けのフォーマットです。

質問フォーマット

【サービス会社】エックスサーバー・ConoHa
【症状】

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

kanbatchのアバター kanbatch Writer

多趣味な何でも屋です。
主に後続の人が苦労しない様にノウハウをまとめることを好みます。
たまにYoutubeで解説動画を投稿してます。

コメント

コメントする

目次