FPS初心者の僕が、姫と囲いの騎士たちにボコボコにされて泣きながらAIM練習した話

FPSゲーム

僕がFPSを上手くなりたいと思ったきっかけを語りたいと思います。

誰だって初心者の頃というのはあるものです。

僕の場合、タイトル通りのことがあって、悔しくて悔しくて泣きながら練習したのを今でも覚えています。

これを書いた僕がお願いしたいことはただ一つで、みなさんは初心者に優しくしてあげてください

スポンサーリンク

姫と囲いの騎士たちにボコボコにされて泣きながらAIM練習した話

当時、僕が大学1年の時のことです。

大学の友人にCODMW3を勧められて、大学の先輩やその友人と一緒にPS3でプレイし始めました。

KD0.2くらいでしたが、弱かったなりにたまーに楽しくプレイしてました。

その半年後くらいにBO2が発売し、一人でもプレイするようになるほどFPSを楽しんでましたね。

いつものようにソロでプレイしていると、その時はやってきました。

忘れもしないStandoffというMAPでの出来事です。

相手はどうやらフルPTだったようで、いきなりVCがオンになり僕に向けて対戦相手が煽ってきました。

「このkanbatchって人弱くなーい?」

「ほんとだ、こんな成績でやってて楽しいのかなw」

「才能ないからやめたら?」

他にも何か言われた気がしますが、もう7年ほど経っているので覚えてるのはこれくらいです。

相手の実力はKD1ちょっとくらいだと思います。

別に対戦相手の実力自体は、大したことはありません。

ですが、この時初心者だった僕にとっては到底かなうものではなかったのです。

この人たちの言っていることは本当にその通りで、弱い自分が原因で煽られました。

チームメイトも試合に勝てないのはこいつのせいだ、なんて思っているでしょう。

言い返せない自分が情けなくて、つらかったですね。

あまりにも悔しくて、マジ泣きしてました・・・

それから自分の中で何かが変わり、1か月狂ったように練習しました。

一週間くらいは本当に泣きながらエイム練習、BOT撃ちをしていたと思います。

リアルでもビルの上から誰かが自分を狙っているんじゃないか?なんて錯覚してしまうほどに、異常なやり込みをこの期間にしていました。

コミュニティにも参加し、強い人の試合を食い入るように分析しました。

中学生の英語教師をしていたK/D3後半のプレイヤーが僕の師匠かもしれません。

練習の甲斐もあり、約1か月後にはK/D2を試合中維持できるようになっていました。

強くなって雑魚狩りできるレベルになると虚無だった

それからしばらくはコミュニティの人とプレイしたり、新しいアカウントを作成してプレイしていました。

新しいアカウントでは、プレステージ4くらいまで回してK/D4ちょっとありました。

自分が強くなっていると実感するほど、強く感じるようになったのは『虚無』です。

自分より弱いプレイヤーと戦っても、何も楽しいと思えなくなっていました。

雑魚狩りが楽しかった時期が僕にもあったと思います。

自分より弱いプレイヤーを蹂躙して、自分が強いから楽しいという感覚です。

おそらく対戦ゲームをやったことがあるプレイヤーは、なんとなく理解できる感覚だと思います。

そんなことができるようになって、そんなことをしばらくしていたら、ふっと我に返って「何が楽しいんだろう」と思ったんです。

まるでプチプチくんを潰しているような作業感が僕を襲いました。

そんな時にFPSのPC版のレベルが高いという話を聞いて、PC版に移住することにしました。

当時は、ironさんが好きで見てましたね。

今でも見入ってしまう撃ち合いをしているので、是非よかったら見てみてください。

僕が学んだこと

  • 弱いことを理由に煽ったりしてはいけない
  • 弱い者いじめは飽きる
  • ある程度までは努力次第で上手くなれる
  • 成績(KDなど)を気にしても仕方がない、楽しくゲームをしよう
  • さらに、女性プレイヤーと関わりたくなくなった

自分が言われて嫌だったことは人にはしたくないタイプですから、僕が初心者を弱いことを理由に煽ることはないと思います。

僕のように、不快な思いをするプレイヤーが生まれないことを望みます。

自分は雑魚狩りみたいなのには、あまり面白さを感じないタイプみたいです。

自分が上手くなることに、面白さを見出してプレイするプレイヤーのようですね。

しかしながら、自分は才能のないプレイヤーです。

反射神経も良くなければ、手先が器用なわけではありません。

ビックマックを3秒で溶かす友達(デブ)には、「kanbatchくんって反射神経並だよねw」と煽られたことがあるので、他の人が見ても自分に才能がないのは明白なんだと思います。

才能のない僕がここまで上手くなれたのは、上手くない自分と向き合って『どうやったら上手くなれるのか』『自分に足りないものは何なのか』を真剣に考えたからだと思っています。

成績に囚われすぎると、せっかくの楽しいゲームも楽しくなくなるので、成績は頭の片隅に置いておいてプレイするのがおすすめですよ!

あとがき

もうだいぶ昔の話なので、書いていてなんだか懐かしい気分になりました。

それにしても、人に言われた嫌なことって結構覚えているものですね・・・

もし敵に煽られたら、「いいのか?お前の一言で俺の中で何かが燻ってきちまったぜ。半年後にはお前らボコボコにしてやる」と啖呵を切るくらい気楽にプレイしていきましょう。

(本当に啖呵を切っても当サイトでは一切の責任を負いません。)

この記事を読んだ人が、今より少し初心者に優しくなれますように。

この記事のコメント一覧

  1. かんばっち兄貴Fortniteはやらないんです?

    • 感度高い方が有利なゲームって苦手なんです。
      ましてや、フォートナイトとか多分一番感度高いといけないので個人的につらそう;;

  2. 非常に共感できてとても他人事とは思えませんでした。

    どのジャンルにも上から目線だったり煽ってくる人が多すぎて嫌になります。
    レーシングだと後ろから追突されたりクラクションならされっぱなしだったり。
    格ゲーだと被せだったり、屈伸挑発がん逃げも。自分もかなり悔しい思いをしました。

    一番酷いのだと相手がフルパで此方が負けた後わざわざ招待してきて複数人からボイチャで煽られました。お陰でボイチャ対応ゲーが駄目になりました。

タイトルとURLをコピーしました