スーパーボンバーマン R オンラインをプレイしてみた

オンラインゲーム

スーパーボンバーマン R オンラインを実際にプレイしてみたので、プレイした感想・評価プレイレビューを記事にしてみました。

これからスーパーボンバーマン R オンラインをプレイしてみようと考えている方の参考になると嬉しいです。

※PC版のプレイレビューになります。

こんな人におすすめ
  • ボンバーマンに興味はあるけど、プレイするか悩んでいる人
  • 面白そうなゲームがないか探している人

スポンサーリンク

スーパーボンバーマン R オンラインをプレイした感想

昔ながらの誰もが知っているボンバーマンのゲーム要素と、最近流行りのサバイバルゲームの要素を詰めた最新作です。

プレイしてみた率直な感想としては、よく考えられているなと思いました。

ゲーム性は確かに誰もが知っているボンバーマンで、変わり映えの無い面白さがあります。

そこに様々な要素、例えばランク制度やバトルパスなどの要素を加えて、現代のゲームに適応しています。

これらの要素を取り入れたことで、やりがいが生まれたような気がします。

長期的にゲームプレイできるカジュアルさ、ガチさがあって面白いと思いました。

(僕は大分ボンバーマンをプレイしていない時期が長かったので、アイテムに少し戸惑いましたが…)

スポンサーリンク

スーパーボンバーマン R オンラインの魅力的な部分

バトルパスやエモート、さらにはランク制度など、プレイヤーを熱中させる要素があります。

それぞれについて解説していきますね。

シンプルな駆け引き

ボンバーマンは爆弾を足元に置いて、他のプレイヤーを倒すという初心者でも遊びやすい・わかりやすいシンプルなゲームルールです。

なので初心者でも十分楽しめますし、上手くなってくるとシンプルだからこその駆け引きが生まれますね。

幅広いプレイ層に受け入れられるゲームだと思いますね!

魅力的なコラボキャラクター

FallGuy
FallGuy

僕が驚いたことは様々なゲーム会社のキャラクターとコラボしている事です。

それらのキャラクターはまだ少ないですが、今後も増えていきそうな予感がします!

「ビーンボンバー」はショップにて、0コインで交換できるのでぜひ入手しましょう!

対応ハードが多い

対応しているハードウェア
  • Nintendo Switch
  • PlayStation 4
  • PlayStation 5
  • Xbox One
  • Xbox Series X/S
  • Steam(PC)

対応ハードが多く、プレイヤーの人口が確保できるのはとてもいいと思います。

クロスプラットフォームなので、色々なハードウェアの人達と遊べるのは魅力的ですね。

僕はPCでゲームをプレイすることが多いのですが、PCは人口が少なく、過疎ってしまうとマッチングしなくなってしまうゲームがよくあります。

そういった状況を回避出来るのも魅力の1つですね。

スポンサーリンク

ゲームプレイ時の注意点

ゲームプレイ時に知っておいた方が良い要素をまとめています。

必要PCスペック

スペックに関しては、公式の公開しているスペックを掲載していますが、ここまで高くなくても動きそうな感じがします。

公式最低スペック
  • プロセッサー: Intel Core i5-4440 / AMD Athlon 300GE
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1050 / Radeon RX 560
公式推奨スペック
  • プロセッサー: Intel Core i5-6400 AMD FX-8300 / AMD Ryzen 3 2300U
  • メモリー: 8 GB RAM
  • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 1660 / Radeon RX 580

バトルパス(ボンバーパス)の要素

バトルパス購入もできます。

レベルを上げていくとバトルパス購入分のコインを回収できる(Apex方式のバトルパス)ので、初回投資をして継続的にプレイすることで次のシーズンもバトルパスを購入できます。

結構魅力的なアクセサリがあるので、やりこみそうなプレイヤーは購入しておくと良いかもしれません。

プレミアムパックでできること

プレイミアムパックを購入することで、使用できるキャラクターが増えるほか、プライベート対戦ルームの作成ができるようになります。

フレンドと遊びたい方はプレミアムパックを買いましょう

使用できるようになるキャラクター

【アタックタイプ】
・シモンベルモントボンバー
・ピラミッドヘッドボンバー
・雷電ボンバー

【スピードタイプ】
・アルカードボンバー
・ビックバイパーボンバー
・ビルボンバー
・ランスボンバー
・ネイキッドスネークボンバー
・リヒターボンバー

【ユニークタイプ】
・バブルヘッドナースボンバー
・トマト姫ボンバー
・ミミボンバー
・ニャミボンバー
・ロビー君ボンバー

Steam版(PC)のメニュー操作感が悪い

メニュー画面での操作感はPCプレイヤーは慣れない人が多いと思います。

ゲーム画面ならいざ知らず、メニュー画面でもマウスは使えません

  • [メニュー操作]Space、→↑←↓。
  • [進む/決定]Spaceキー。
  • [戻る]Xキー。

EnterキーやEscキーを使わないので、操作に戸惑いますね。

多分開発側にPCでゲームをやる人が少ないのではないでしょうか…

メニュー画面でのマウス操作には対応してほしいと思いました。

スポンサーリンク

あとがき

筆者も合間にボンバーマンオンラインで遊んでいくと思います。

ガチプレイはしないと思いますが、何か有益な情報があったら発信していきますね(‘ω’)b

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました