【シャニマス】SSR杜野凛世【杜野凛世の印象派】プロデュースアイドル

アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)、

プロデュースアイドル:SSR杜野凛世【杜野凛世の印象派】に関する評価・性能を紹介しています。

シャニマスの杜野凛世【杜野凛世の印象派】に関して、この記事を参考にしてみてください。

目次

SSR杜野凛世【杜野凛世の印象派】

[su_tabs][su_tab title=”プロデュース” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

[/su_tab] [su_tab title=”ライブ” disabled=”no” anchor=”” url=”” target=”blank” class=””]

[/su_tab][/su_tabs]

 

運営の解説

【社野凛世の印象派】社野 凛世は思い出ゲージUPに特化したアイドルです!

ライブスキル「社野凛世の印象派+」はVisual4倍アピールを行うとともに思い出ゲージを30%UPさせるスキルです。

高倍率のアピールをしつつ、思い出アピールを行うまでのターン数を大きく短縮させることができます。

思い出ゲージを20%アップさせるパッシブスキルは、発動確率が40%と高く、最大で2回発動できる点が強みです。

デメリットとして注目度がアップしてしまうため、「メンタル85%以上」という条件を満たし続けるのが少し難しくなっています。

パッシブスキルを最大限活用するには、凛世をリーダーに編成してパッシブスキルの発動率を高めるのがおススメです。

 

【社野凛世の印象派】社野 凛世をプロデュースし、ライバルよりも思い出アピールを早く、多く使用できるユニットを編成してみてください!

概要・評価

思い出ゲージUPが強すぎる

間違いなく、グレードフェスで強いアイドルです。

メンタル85%以上で最大2回発動する、思い出ゲージ20%UPの加速力が半端ないです。(合計40%)

ライブスキル「杜野凛世の印象派」の10%、4凸ライブスキル「杜野凛世の印象派+」の30%も合わせると、

思い出ゲージ80%もこの凛世一人で稼ぐことが可能になります。

2凸~運用可能

やはり、この凛世を運用するうえでパッシブ:思い出ゲージ20%UPは欲しいです。

かなり強いので、4凸スキルがあれば何も言うことはないです!

思い出ゲージを連発する未来が来たらさらに化けそう

FGOでいうカレイドスコープ的なことができれば、使い終わった後からの思い出ゲージの増加で2回目の思い出アピールが撃てる可能性が出てきます。

近い将来そういうシステム実装されそうですよね…(予想)

解放スキル

解放条件 スキル 条件/効果 確率(%) 最大回数(回)
特訓1凸 Vocal21%UP メンタル74%以下 40% 1
特訓2凸
  • 思い出ゲージ20%UP
  • 注目度30%UP
メンタル85%以上 40% 2
特訓3凸 Vocal上限UP Vocal上限+200
特訓4凸 杜野凛世の印象派+
  • Visual4倍アピール
  • 思い出ゲージ30%UP
[Link]Visual150%UP[4T]
アイドルイベント Visual7%UP 観客3以上 50% 2

ライブスキル

スキル名 解放条件 スキル効果 リンクアピール効果
杜野凛世の印象派 初期
  • Vocal3倍アピール
  • 思い出ゲージ10%UP
Vocal150%UP[4T]
杜野凛世の印象派+ 4凸
  • Visual4倍アピール
  • 思い出ゲージ30%UP
Visual150%UP[4T]

思い出アピール

思い出アピール名 思い出アピールLv5効果 リンクアピール
[幻]朱、朱、きりもなや
  • Visual1倍アピール
  • 思い出ゲージ30%UP
Vocal150%UP[5T]

スキルパネル:パッシブスキル

効果 条件 確率(%) 最大回数(回) 解放条件
Visual7%UP 4T以前 20& 1
Dance7%UP スター9以下 30% 1
Vocal21%UP メンタル74%以下 40% 1 1凸
Visual7%UP 3位 40% 1
  • 思い出ゲージ20%UP
  • 注目度30%UP
メンタル85%以上 40% 2 2凸
Visual7%UP 観客3以上 50% 2 アイドルイベント

パネルスキル:その他(上限UPなど)

スキル名 効果 解放条件
Vocal上限UP Vocal上限+200 3凸
Visual上限UP Visual上限+100

関連記事

杜野凛世:基本情報・選択肢まとめ

あとがき

作成途中であったり、情報不足かもしれません。

要望や質問・追加情報などありましたら、コメントいただけると幸いです。

SNSへのシェアはこちらから

コメント

コメントする

目次