【PSO2】ダークファルスエルダー戦の解説

PSO2

ダークファルスエルダーのアーム戦(前哨戦)、本体戦の解説をしていきます。

緊急クエスト「迫る漆黒の腕」「深遠なる闇の眷属【巨躯】」「猛る黒曜の暴腕」「深遠に至りし巨なる躯」の攻略の参考にしてみてください。

こんな人におすすめ!
  • クエストを効率的に周回する方法が知りたい
  • どのようにすれば効果的な立ち回りができるのか知りたい
スポンサーリンク

エルダーアーム戦(前哨戦)の攻略

  • 高火力範囲攻撃(AoE)ダメージのあるクラスが強い
  • MAP左下に集合する
  • ザンバースに入ることを意識する
  • ショックの入れ方を知る

高火力な範囲攻撃があるクラスが強い

エルダーアーム戦において強いクラスは、範囲攻撃かつ、高火力ダメージを出すことができる職が強いです。

エルダーアーム戦におすすめのクラス
  • ファントム(Ph)
    • 零式ギグランツ
  • レンジャー(Ra)
    • エンドアトラクト

などなど

MAP左下に集合しよう

アーム戦は味方と固まって戦いましょう

その理由としては、アームそれぞれにダメージ判定があり、複数体へダメージを与えることのできるPAやテクニックが強いからです。

単体に1.5Mのダメージを与える攻撃よりも、複数体(今回であれば4体)に1Mのダメージを与えたほうが全体のダメージ量としては多くなります。

そのため、味方と一緒に戦って、エルダーアームを一か所に集中させると効率的なのです。

ザンバースが効果的になったり、アンティやレスタがもらいやすくなるのでメリットしかないですね!

なんで左下なの?っていう解説は欲しかったりしますか?

必要であれば、別記事で解説します。

全てのクエストに共通して言えることなので…

一人で立ち回っちゃダメ

画像のように孤立して戦うのは良くないです。

野良だと攻略方法を知らない人がいるので仕方ないですが、エルダーアーム1体分マルチ全体のダメージ量が減ってしまいます・・・

採掘基地防衛戦では「北の勇者」なんて皮肉をされていましたが、エルダーアーム戦でも同じことが言えると思います。

マルチのみんなと仲良く戦いましょう。

オンラインステータスで呼びかけるのも良さそう

野良でアーム戦周回する際などは、キャラクターの頭上に左下で処理したい旨を伝えてます。

これで大体マルチのみんなが従ってくれるので、効果はありそうです(‘ω’)

ザンバースに入ろう

細かい部分ですが、ザンバースの効果範囲を意識して入ることも重要です。

この緊急以外でもとても大切なことなので、周りをよく見る癖を身に付けましょう

ショックの入れ方

ショック入れ方は、「アームが集まってきたらショック」を入れることです。

開幕4か所に散らばっている状況からショックを入れるのではなく、左下に3体ほど集まってきてからショックを狙いましょう

エルダー本体戦の攻略

特にアーム戦ほど、指摘する内容もありませんが一応細かめのネタを入れておきます。

部位破壊なども現在の難易度では、特に意識する必要はないですね~

エルダー本体戦に強いクラス

現状はレンジャー一強になっています。

エンドアトラクトが複数ヒットすることなどもあり、レンジャーはかなり強いですね(;’∀’)

リーパースレイヤー武器がおすすめです!

ショックを入れるタイミング

実は特にこれと言って、ショックを入れるべきタイミング自体はありません。

第一段階(腕2本ずつ)の状態では入れない方がいいです。

第二段階からショックを入れていきましょう。

おすすめはモーションをキャンセルするためにショックを付与することですね。

  • 「耐えてみせよ、破滅の一撃」(頭から冷凍ビーム出すモーション)
  • 「我が名はダークファルスエルダーなり」(MAP中央吸引してエルダーの下半身を当てるモーション)

このあたりは面倒なので、ショックを入れてモーションをキャンセルした方がいいです。

一番下の腕は壊れない

特に部位破壊などをする必要もないですが、一番下の腕は壊れません。

一番狙いにくい部分なので、ある程度部位破壊してから集中的に狙うとクエストクリアが早くなるかもですね。

あとがき

固定でディスられたので記事にしました;;

難易度UHはアーム戦・本体戦で、「エクスキューブ」が200個ほど手に入りますし、☆14武器がいっぱい手に入るので「プラム系」の素材も入手できます。

特にアーム戦は周回速度が上がれば上がるほどおいしいクエストなので、是非皆さん活用してください(‘ω’)

Comments

  1. アーム戦でRaがファーストヒット振ってたりするとエンド1ヒット500K超えるダメージ平気で出るんよな

タイトルとURLをコピーしました