【エグゾプライマル】初心者向けの遊び方や感想など【ベータテスト】

エグゾプライマルのクローズドベータテストに参加してきました。

テストに参加してきた感想やゲームの基本的な遊び方を紹介していきます。

エグゾプライマルってどんなゲームなの?といった疑問にお答え出来ればと思います。

目次

ベータテストに参加した感想

エグゾプライマルのクローズドベータテストに参加した感想ですが、化ける可能性は十分にあると思いました。

反面、閑古鳥が鳴く危険性も含んでいるのは事実です。

ゲーム性は「PvEゾンビゲーム(本ゲームでは恐竜)」+「オーバーウォッチなどのPvP要素」をイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

こんな人におすすめなゲーム
  • PvEゲームが好きな人
    • ゾンビゲームなど

βテスト内でのゲームモードを遊んだ感覚としては、PvEが好きな人は十分に楽しめそうです。

あとはタイタンフォールやHaloあたりが好きな人も気に入るんじゃないかなあと思いました。

βテストでは遊べるゲームモードが限られているので、正式サービス後は大きく変わる可能性もあります(´・ω・`)

あくまでもβテストを触った感想として参考にしてください。

大量の恐竜と戦うのは爽快感があって楽しかったです。

アンケートで意識しているゲームタイトルはこんな感じでした。

これらのゲームが好きな人に遊んでもらいたいようですね!

エグゾプライマルの遊び方

  1. 数ラウンドの恐竜殲滅(PvE)
  2. 最終ラウンドのゲームルールでPvPや協力レイドバトル

エグゾプライマルのゲーム進行について紹介していきます。

最初の数ラウンドはPvEを繰り返し、先に討伐したほうが先に進行していきます。

マップUIとゲーム進行

フェーズ終了後に敵チームの場所が表示されます。

チーム毎に恐竜を倒すフェーズがあって、恐竜の倒すスピードが早いチームがどんどん先に行く…といった感じです。

敵の姿が赤く表示されるのでわかりやすいですね。

次に向かうべき場所へは、黄色の線で案内してくれます。

次の恐竜の出現位置はMAPに赤い点が表示されるので大体の場所はわかると思います。

そして、紫色の靄から恐竜が出てきます。

アンキロサウルスはちょっと特殊な恐竜

アンキロサウルスは殻の部分にはダメージが入りません

殻の付いていない脚などにダメージが入ります。

最終フェーズの各ゲームモード

最終フェーズは必ずPvPもしくは共闘することになり、オブジェクト輸送、エネルギー収集、レイドボス討伐の3種類のゲームモードがありました。

データキー護衛

データキー護衛はお互いにオブジェクトを輸送して、相手より先にオブジェクトを中央に運ぶゲームモードでした。

終盤は人数差が出てしまうと一方的なゲームになってしまうので、少し改善が必要なゲームモードに感じました。

エナジーカードリッジ収集

エネルギー収集は一定時間でABCそれぞれの地点にエネルギーが沸くので回収、または相手プレイヤーをキルすることでエネルギーを先に100貯めた方が勝ちのゲームルールでした。

レイドボス討伐

レイドボス討伐は各チーム一丸となって、ボスに挑むゲームルールです。

個人的には、このレイドボス討伐がかなり楽しかったですね。

このレイドボス討伐をメインコンテンツにしたら楽しそうに感じました。

複数人でやるFPSモンスターハンターみたいな?感じでやって欲しかったです。

遮蔽物に隠れるギミックや、回避スキルで避けるギミックなんかもあって楽しいですよ。

あとがき

触った感じは手軽に楽しいと思いました。

問題はなかなか尖った作品だと思うので、流行るのかがちょっとわからないです。

世界観は結構ダークな雰囲気を出しているので、とても楽しみにしています。

正式サービスに期待したいですね(‘ω’)

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

まるちくりえいたあ
BaskMedia-Twitterアカウントのフォローお願いします。

コメント

コメントする

目次