【COD:BOCW】ポート番号一覧【NATタイプ:オープン】

COD

COD:BOCW、Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)のポート番号について紹介していきます。

少しでもこのゲームを快適にプレイしたいと思った際は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

各プラットフォームの解放ポート番号一覧

各プラットフォームの解放ポート番号を載せておきますね。

自分の使っているプラットフォームに合わせて、ポート番号を入力・解放してください。

複数個あるので、すべて登録しましょう!

PC版の解放ポート番号

PC版の解放ポート
  • TCP
    • 3074
    • 27014-27050
  • UDP
    • 3074
    • 3478
    • 4379-4380
    • 27000-27031
    • 27036

PS4版の解放ポート番号

PS4(Playstation4)の解放ポート
  • TCP
    • 1935
    • 3478-3480
  • UDP
    • 3074
    • 3478-3479

PS5版の解放ポート番号

PS5(Playstation5)の解放ポート
  • TCP
    • 1935
    • 3478-3480
  • UDP
    • 3074
    • 3478-3479

Xbox One版の解放ポート番号

Xbox Oneの解放ポート
  • TCP
    • 3074
  • UDP
    • 88
    • 500
    • 3074-3075
    • 3544
    • 4500

Xbox Series X版の解放ポート番号

Xbox Series Xの解放ポート
  • TCP
    • 3074
  • UDP
    • 88
    • 500
    • 3074-3075
    • 3544
    • 4500

ポート開放のメリット

CODにおけるポート開放のメリットは、PTホストになれることですね。

プライベートマッチなど、フレンドと一緒に戦うときや紅白戦を行うときはポート開放をして「NATタイプ:オープン」にしておきたいですね。

あとは、マッチングがよくなる(早くなる?)、回線速度が向上する(?)などあるようですが、僕は特に実感できませんでしたね。

少しでも快適に遊びたいという人は設定してみてはいかがでしょうか!

「NATタイプ:モデレート」でも十分遊べるので、必要だと思った際にやると良いです。

ポート解放のデメリット

ポート開放のデメリットは、パソコン初心者には難易度が高いという部分ですね。

設定が少し面倒なので、根気よく頑張れる人は取り組んでみてください。

「(自分の使っているルーターのメーカー)+ポート開放」で検索してみてください。

当記事ではポート開放の方法は紹介していません。

各メーカーのルーター端末によって、ポート開放の方法が異なるんです・・・

僕の使用しているNECルーターでのポート開放の方法を紹介してみました。

参考にできる方もいると思うので、紹介しておきますね!

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました