【PSO2】リターナーの解説【性能や入手方法まとめ】

PSO2

リターナー(リターナーⅠ、リターナーⅡ、リターナーⅢ、リターナーⅣ、リターナーⅤ)の解説をしていきます。

リターナーの合成確率・継承確率だけでなく、リターナー掘りのやり方も解説しています。

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リターナーについて

HPPP
リターナーⅠ313333333
リターナーⅡ525555555
リターナーⅢ10310101010101010
リターナーⅣ15415151515151515
リターナーⅤ30530303030303030
リターナーの特徴
  • HP+30、PP+5、ALL+30の火力・耐久力の上がる汎用性の高い特殊能力。
  • 入手方法が特殊なため、マイショップにて高額取引されている。

リターナーの合成確率

合成特殊能力素材継承確率(%)
リターナーⅡ「リターナーⅠ」×②
「リターナーⅠ」×③
70
70
リターナーⅢ「リターナーⅡ」×②
「リターナーⅢ」×②+「ダークネスソール」
「リターナーⅡ」×③
「リターナーⅡ」×③+「ダークネスソール」
50
60
50
60
リターナーⅣ「リターナーⅢ」×②
「リターナーⅢ」×③
「リターナーⅢ」×③+「ダークネスソール」
×
30
40
リターナーⅤ「リターナーⅣ」×②
「リターナーⅣ」×③
×
20

「リターナーⅢ」以降は、リターナー素材3つでないと合成できません。

また、「ダークネスソール」がリターナー素材の合成・継承触媒となっています。

合成・継承ボーナスは+10%で、「リターナーⅢ」「リターナーⅣ」の合成・継承に適用されます。

リターナーの継承確率

継承特殊能力素材継承確率(%)
リターナーⅠ「リターナーⅠ」×②
「リターナーⅠ」×③
80
100
リターナーⅡ「リターナーⅡ」×②
「リターナーⅡ」×③
70
100
リターナーⅢ「リターナーⅢ」×②
「リターナーⅢ」×③
50
100
リターナーⅣ「リターナーⅣ」×②
「リターナーⅣ」×③
40
100
リターナーⅤ「リターナーⅤ」×②
「リターナーⅤ」×③
30
100

また、「ダークネスソール」がリターナー素材の合成・継承触媒となっています。

合成・継承ボーナスは+10%で、「リターナーⅢ」「リターナーⅣ」の合成・継承に適用されます。

リターナーの入手方法

リターナーは、アブダクション(拉致)からの帰還時に入手することができます。

アブダクションの発生条件は、タイムアタッククエストを周回していると発生しますが、明確な条件などは公式から発表されていません。

そのため、主に経験則による手法が広まっています。

この記事で紹介している僕個人のリターナーのやり方は、一般的なやり方とは違っています

他に紹介されている有名なやり方を信じても良いでしょうし、僕のやり方を信じてもどちらでも良いです。

また、リターナーはユニットのみに存在する特殊能力で、リターナーが付与された武器は存在していません。

クリア難易度によるリターナーの種類
難易度報酬
VHなし
SHリターナーⅠ
XHリターナーⅢ

リターナー掘りのやり方

※以降は、僕の経験則によるやり方の紹介になります。

確定している拉致条件(アブダクション)
  • 難易度VHを開放し、キャンプシップゲート前で「アブダクションの噂」アナウンスを聞くことで解放。
  • 難易度VH以上のタイムアタックを複数回周回する必要がある。
  • アブダクションをクリアすると、発生確率がリセットされる。

周回方法例

  1. アブダクション発生するまで、「VHハルコタン」を23回周回する
    • 「VHハルコタン」を周回する理由は、純粋に周回速度が早いため。
  2. アブダクションが発生したら、リターナーが入手できる任意の難易度を選択する。
    • 難易度SHなら「ハルコタン」
    • 難易度XHなら「闇の痕跡」
  3. 『受注⇒ゲート接触⇒拉致されなかったら再受注』を繰り返す

ソロはこんな感じでやってます。

パーティの場合のやり方はわかりません。

アブダクション称号報酬

称号回数報酬
実験対象1回帰還トロフィーⅠ銅
良い実験対象5回帰還トロフィーⅠ銀
素晴らしい実験対象10回帰還トロフィーⅠ金
被検体25回帰還トロフィーⅡ銅
上級被検体50回帰還トロフィーⅡ銀
特級被検体75回帰還トロフィーⅡ金
ブラックドッペル100回帰還トロフィーⅢ銅
カースダブル150回帰還トロフィーⅢ銀
シャドウスケア200回帰還トロフィーⅢ金
ダークブリンガー250回帰還トロフィーⅣ
闇からの帰還者1回(難易度XH)フォトンバリア
奇跡の生還者10回(難易度XH)フォトンバリア
不撓不屈の勇士50回(難易度XH)帰還トロフィーⅤ

アブダクションの称号報酬もかなりメセタになるので、紹介しておきます。

難易度XHで10回までクリアすると、かなりメセタが稼げるのではないでしょうか!

是非やってみてください。

1回(難易度XH)報酬
10回(難易度XH)報酬
帰還トロフィーⅤはかなり高い・・・売れるかは保証しかねます。

リターナー検証・考察置き場

以降は、僕の経験から来る推測と、検証結果を置いておきます。

VH10回⇒再受注600回検証結果

【検証内容】
ハルコタンVH10回再受注600回

【結果】
56回目:拉致
以降、600回↑まで再受注。拉致発生せず。

【考察・結論】
①拉致判定は、最低10回からの存在を確認。
⇒拉致確率が明らかに低いと推測されるため、VHの周回数は稼いだ方が良い。
⇒XHのクリアを挟む必要もなさそう。

②拉致判定の減少は存在すると思われるが、減少率は低いと思われる。
⇒20-30回は再受注してもよさそう。

③再受注回数の時間効率が悪いので、ある程度回数は先に稼いでおくべき。
⇒再受注にかかる時間と、クリアにかかる時間のバランスが良い回数は不明
⇒VHのクリア回数は宗教。

パーティとソロで回数が変わるという推測

リターナー掘りのやり方は、ソロとPTを組んでいる場合で異なります

それは、アブダクションの発生には、パーティ全体で拉致判定を得る必要があり、拉致判定の確率がTAのクリア回数と連動しているからです。

拉致判定のイメージ

パーティを組んでいると、全員が拉致判定をクリアしないといけないため、拉致の確率が下がる。

例えば、拉致確率が70%のソロの場合、70*1=70%の確率で拉致が発生。

拉致確率が70%の4人PTの場合には、70*4≒24%の確率に。

周回数1-101112131415
拉致判定なし10%15%20%25%30%

※確率はあくまでイメージ。

あとがき

リターナー掘りの解説も一緒に紹介しました。

リターナー掘りのやり方は、明確な正解が公式から与えられていないため、経験則により導き出されるやり方になります。

宗教的な側面が大きいので、お好きな宗教に入信しましょう!

ちなみに、モデュレイター掘りの市街地ADリスク7もオカルトです。

リターナー掘りは、複数アカウントで掘るとかなり儲かるコンテンツです。

複数アカウントのご利用は自己責任です。

知ってる方が多いかと思いますが、僕は複数アカウントアンチです。

複数アカウント利用者の独占を緩和するために、リターナー掘りの手法を広めることにしています。

Comments

タイトルとURLをコピーしました