【簡単】記事のお引っ越し方法と、Excelを使った301リダイレクト設定

パソコン関係
スポンサーリンク

他サイトへの記事の移行作業方法を解説していきます。

記事移行後の301リダイレクト設定は、Excelを使用してデータを整えてリダイレクトプラグインへ読み込みを行い、一括でリダイレクトさせます。

記事の引っ越しを行いたい…という方は、おすすめの方法なので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Excelを駆使した楽々記事のお引っ越し作業

  1. DeMomentSomTres Export」を使って、引っ越したい記事をエクスポートする。
  2. 引っ越し先に記事を「WordPress インポートツール」でインポートする。
  3. WP All Export」を使って、移行前と移行先の記事CSVデータを取得する。
  4. ExcelでCSV内のデータ2種類を確認・編集する。
  5. Redirection」に編集したCSVデータを読み込ませて、301リダイレクトの設定を行う。

当サイト(baskmedia.jp)の記事から、「PSO2」「PSO2NGS」「原神」「BLUE PROTOCOL」というカテゴリの記事をそれぞれの子サイト(baskmedia.jp/pso2/など…)に記事を移行させたので、その時のノウハウを紹介しておきます。

僕はExcelを使いましたが、Googleスプレッドシートでも同様のことができるはずです。

スポンサーリンク

引っ越したい記事をエクスポートしよう

【DeMomentSomTres Export】移行させたい記事の条件を指定
移行させたい記事の条件を指定

「DeMomentSomTres Export」というプラグインを使用して、記事をエクスポートさせます。

このプラグインを使用することで、移行先での画像リンクなどが移行先のURLで更新してもらえます。

「ツール」⇒「DeMomentSomTres Export」から、移行させたい記事の条件を指定しましょう。

特に何も条件を指定しなければ、全ての記事がエクスポートされます。

スポンサーリンク

引っ越し先に記事をインポートしよう

【WordPress インポートツール】チェックを忘れずに
チェックを忘れずに

WordPress インポートツール」でエクスポートした記事をインポートします。

インポートした記事とユーザーを結び付けることができるので、ユーザーの新規作成など必要に応じて行いましょう。

また、「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」には必ずチェックを入れましょう。

もしチェックを入れ忘れてインポートしてしまった場合は、インポートした記事を削除後にもう一度同様の作業をしましょう。

スポンサーリンク

移行前・移行後記事データをCSVで抽出しよう

【WP All Export】「すべてエクスポート」⇒「新規エクスポート」
「すべてエクスポート」⇒「新規エクスポート」

WP All Export」を利用して、記事のタイトルやURLを抽出しましょう。

左カラムから「WP All Export」を選択⇒「新規エクスポート」から作業を開始することができます。

抽出するデータをカスタマイズする

【WP All Export】「投稿」を選択
「投稿」を選択

最初に何をエクスポートするのかを設定します。

今回は「投稿」を選択して、「エクスポートファイルをカスタマイズします。」を選択していきましょう。

【WP All Export】条件を指定する
条件を指定する
  • ID
  • Title
  • Permalink
  • カテゴリ

基本的には上記の条件で抽出すると良いです。

条件に応じて、必要なデータをカスタマイズしましょう。

ちなみに、抽出するデータは右側のカラムから中央へのD&Dでカスタマイズできます。

データのカスタマイズが終わったら、「続行」を選択しましょう。

CSVファイルのダウンロード

【WP All Export】「エクスポートファイルにBOMを含める」へチェック
「エクスポートファイルにBOMを含める」へチェック

最後に、「エクスポートファイルにBOMを含める」のチェックを入れて、「エクスポートの確認&実行」を行いましょう。

【WP All Export】CSVでダウンロード
CSVでダウンロード

エクスポートの処理が終わったら、Click to Downloadから「CSV」を選択しましょう。

この作業を移行前のサイト、移行後のサイトの両方で行いましょう。(合計2回やる必要がります。)

これで、「WP All Export」を使った作業は終わりです。

スポンサーリンク

Excelで記事データを整理しよう

「WP All Export」で取得したCSVファイルを、「Redirection」に読み込ませるためにデータを整えていきましょう。

僕はExcelを使っていますが、Googleスプレッドシートでも同様のことができるはずです。

移行前のサイトにフィルタをかけて移行させたデータのみを表示させる

【Excel】フィルタ機能で移行させる記事を指定する
フィルタ機能で移行させる記事を指定する

移行前のサイトから、移行させた記事データのみを抽出したいので、フィルタをかけましょう。

僕は、baskmedia.jpから「原神」というカテゴリの記事を移行させたので、カテゴリにフィルタを設定して「原神」のデータのみを表示させました。

「データ」⇒「フィルタ」より、フィルタをかけることができます。

UNIQUE関数を使って取得した記事タイトルの整合性を取ろう

【Excel】UNIQUE関数で記事タイトルを比較する
UNIQUE関数で記事タイトルを比較する

最初に、画像のように、1つのCSVファイルにデータをまとめましょう。

この作業は「移行前のURL」から「移行後のURL」へ、同じ記事へリダイレクト設定されるかの確認作業です。

確認するためには左右で同一の記事であればいいので、「UNIQUE関数」を使用して確認していきます。

【Excel】UNIQUE関数の設定例
UNIQUE関数の設定例

UNIQUE関数の設定はこんな感じで良いでしょう。

僕は記事のタイトルで比較してみました。

【Excel】UNIQUE関数結果
UNIQUE関数結果

0-0となっていれば成功です!

もしそうなっていなかった場合には、データを入れ替えて左右に同じ記事とURLを挿入しましょう。

リダイレクト用にデータを整えよう

【Excel】Redirection用にデータを整える
Redirection用にデータを整える

301リダイレクト設定を行うために、CSVファイル内のデータを整えましょう。

「source(移行前の記事URL)」「target(移行後の記事URL)」というようにデータを整えます。

【Excel】CSV(コンマ区切り)で保存
CSV(コンマ区切り)で保存

最後に適当なファイル名を付けて、CSVで保存しましょう。

これでExcelでの作業は終わりです。

スポンサーリンク

301リダイレクトの設定を行おう

【Redirection】「ツール」⇒「Redirection」
「ツール」⇒「Redirection」

プラグイン「Redirection」を利用し、CSVファイルをインポートさせ、一括で301リダイレクトの設定を行います。

「ツール」⇒「Redirection」を開きましょう。

作成したCSVファイルをインポートする

【Redirection】CSVファイルをD&D
CSVファイルをD&D

「Redirection」の「インポート/エクスポート」タブから、CSVファイルのインポートができます。

作成したCSVファイルをD&Dしましょう。

【Redirection】変更せずにアップロード
変更せずにアップロード

ファイルをアップロードすると、「グループにインポート」など表示されますが特に変更する必要はありません。

「アップロード」を選択しましょう。

アップロード後、読み込みが終わると思います。

最後に、移行前の記事URLにアクセスして、移行後の記事URLにリダイレクトされたら設定が上手くいってますね。

逆に上手くいかなかった場合は、CSVファイルの作成方法を間違えている可能性があります。

スポンサーリンク

あとがき

また記事の移行作業をするかもしれないので、自分用の覚え書きも兼ねて記事にしてみました。

誰かの参考に役立つと嬉しいですね。

移行作業おつかれさまでした。

パソコン関係ブログ運営
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BaskMedia – 攻略情報の研究・ノウハウ発信サイト

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました