【シャニマス】無課金でも出来る!Da一極でTrueEnd攻略しよう

スポンサーリンク

アイドルマスターシャイニーカラーズ(以下、シャニマス)のプロデュース攻略記事です。

Dance(Da)一極によるTrueEnd攻略の方法を紹介します。

スポンサーリンク

サポート編成について

必要なサポートアイドル

  • 【スプラッシュビート】櫻木真乃
  • 【娘・娘・謹・賀】幽谷霧子
  • 【意地っ張りサンセット】西城樹理
  • 【メロウビート・スローダウン】三峰結華
  • 【秘密のがんばり】大崎甘奈

この5枚なら無課金でも揃えやすい。

SSRダンスアピール2.5倍スキル持ちキャラ一人以上は欲しいです。

※サポートLvは最低でも3人は60以上にしておきましょう。

レベルの低いサポートキャラのライブスキルは極力使わない方がいいです。

ゲストサポートオススメ

  • 【街角フラワーガーデン】白瀬咲耶
  • 【ふっふ~ん、ふふ~ん♪】月岡恋鐘
  • 【ヒーローインザパーク】小宮果穂

このあたりがおすすめです!

居なければパッシブスキルDa持ちのキャラを適当に入れてもいいでしょう。

プロデュースの流れ

オススメのプロデュースアイテムは以下の通り。

  • テンションアロマ系:最初に使う
  • 流行雑誌:準決勝か決勝で使う
  • ダンス知識本系
  • フルーツタルト

シーズン1

トークイベントをメインに回します。

ラジオ、撮影に人が多ければ行ってもいいです。

アイドルとの約束は全て聞いてあげましょう。

オーディションは行かずにファン1000人目指します。

無理ならそこで破棄しましょう(´・ω・`)

シーズン2

ここも基本シーズン1と同じ動きです。

最後に、オーディション1回行きファンを1万にしましょう。

スキル振りなど

真乃のダンスアピールⅣ、Dance20%UP/Visual15%UP、スピラッシュビート

シーズン3

樹理か甘奈か結華の2凸と4凸のスキルを取れるだけのSPを確保しつつ、Me280~300くらいを目安に上げていきます。

このシーズンでファンは最低でも10万以上にしておきたい。

余裕があればダンスレッスンか5万オーディションに行きましょう。流行1位がDaなら5万オーディションがおすすめ。

オーディション攻略ポイント

4万オーディションは流行2位を狙ってれば勝てます。もちろんDaが1位なら1位狙いでもOK。

5万オーデションは流行が何であれ流行1位を狙っていれば勝てます。

シーズン4

約束を守れば思い出Lvが上がる時だけ約束をしましょう。

優先してオーディションに行きファン50万を確保、週が余れば上げたいステータスを上げに行こう!

オーディション攻略ポイント

  • Daが流1の時:5万オーディションでDaを狙っていれば勝てます。
  • Daが流2の時:10万オーディションでDaのどちらかを狙う。
  • Daが流3の時:5万オーディションで流1を狙うもしくは、レッスンか仕事に行く。

※シーズン3でファン10万集めていれば5万オーディション8回勝てば50万達成できます。

5万オーディションは流行関係無く1位を狙っていれば勝てます。

準決勝

スキル振りは、ライブスキル、パッシブスキルの倍率の高いものを取れるだけ取る。

VoかDaが流行1位なら流行1位を狙えばほぼ勝てます。

Viが1位の場合

  1. 流行2位を2ターンアピール
  2. 3ターン目の真乃、霧子のアピール値と、その2人がアピールするVi(流1)審査員の残りHPを確認
  3. 調節して流行1位か2位をアピール
  4. 4ターン目に思い出アピールでViのラストアピールを取る

決勝

流行がDaかViが1位なら流行1位を狙えば勝てます。

Vo1位の場合

流行雑誌で順位を入れ替えるのが一番です。それでもVo1位の場合は流2を狙いながらVoのラストを狙うしかありません。

補足情報

準決勝・決勝Da流行1位で無ければ、運要素は確実に高くなります。

もちろんサポートSSRの凸とLvが高くなればなるほど安定度は高くなっていきます

フェスと違ってライバルは固定のアピール値なので、行動順と残り体力を計算すれば勝率は確実に上がります。

ライバルの行動パターンやアピール値は以下の記事にまとめてあります。

【シャニマス】W.I.N.G.のライバル行動パターン、アピール値早見表
この記事は、アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)のW.I.N.G.準決勝、決勝におけるライバルの行動パターン...

参考動画

シャニマスどのキャラでもDa一極トゥルーエンド攻略

準決勝26:15 Da1位

決勝28:03 Da3位

コメント

タイトルとURLをコピーしました