【崩壊スターレイル】停雲の凸比較とか解説とか【星魂】

崩壊スターレイル(崩スタ)、停雲の凸(星魂)効果について計算し、計算結果と解説、考察を掲載しています。

忙しい人向けまとめ
  • 0凸 -> 6凸で15%程度?
  • 6凸 ≧ 4凸 > 5凸 > 3凸 ≧ 1凸 ≧ 2凸
  • 1凸:速度上昇が裏目に出る場合も。1ターン多く動けるなら3%程度の増加
  • 2凸:状況次第なので測れない
  • 3凸:与ダメボーナスが増える。2%程度の増加。
  • 4凸:アタッカーのダメージ倍率が増える。5.5%程度の増加。
  • 5凸:色々伸びる。3%程度の増加。
  • 6凸:効果の程を測るのは難しい。必殺技が1ターン速く撃てるのなら最も強い効果と言える

5/25更新 … 雷属性付加ダメージにキャラクターの属性%が乗っていたミスを発見したため修正。ダメージは落ちますが、凸効果の優先度に大きな変更はありません。

目次

今回のスプレッドシート

今回はスプレッドシートを用いてダメージ計算し、停雲の凸効果の効果量について測定を試みました。

キャラクターによって異なる値が出ると思ったため、今回はゼーレと彦卿の2人について試算しました。

前提条件や計算の内訳、行動値表の確認用にシートへのリンクを置いておきます。
ミスやお気づきの点ありましたらご指摘頂ければ幸いです。
(また、記事内の画像と数値の相違がある場合、スプレッドシートの数値のほうが正しいです。)

ゼーレ/停雲の凸比較:https://docs.google.com/spreadsheets/d/1e0nJzN9uVwUkMpFPKlTPWmDEdrKe-98GzmfsnFNRVCw/

彦卿/停雲の凸比較:https://docs.google.com/spreadsheets/d/1xf9sGrKohEGUNCsg_M-zgar1WPkyBtzYOELr3B6N2P4/

停雲の凸の伸び、比較

今回計算した2人のキャラでの、停雲側の凸での火力の伸び比較表です。

崩壊スターレイル 崩スタ スタレ 停雲 ていうん 凸 星魂 比較 検証 解説 評価 おすすめ
※ E = 凸。英語での星魂の訳「Eidolon」の略称より。

1凸(速度バフ)では火力が下がるという結果になったので(詳しくは後述)、0凸ではなく1凸を基準=100%に設定しています。

また、停雲側の光円錐については計算しやすさを重視して「斉頌」(重畳5)を採用しています。
(停雲の光円錐比較等についてはこちらに計算結果や解説を掲載しています。)

停雲の凸効果解説

それぞれの凸効果についての解説です。

1凸:春風吹きて時運巡る

「賜福」を与えられた味方単体は、必殺技を発動した後に速度+20%、1ターン継続。

春風吹きて時運巡る

今回の計算では行動値表を書いて計算しましたが、速度バフのために停雲のターンとアタッカーのターンの噛み合いが悪くなってしまいました。
(必殺技がズレてEPが無駄になり必殺技の回数が変わったり、バフのかかり方が変わったり)

また、こういった計算をする際はアタッカー側の速度をサブステータスで微調整し、制限ターンでの行動回数がギリギリ増えるように調整します。
そのため、計算上では速度+20%バフのために行動回数が変わることはありませんでした。

実際の戦闘では、「1ターン分多く動ける」程度の影響になると思います。

もしも1ターン多く動けた場合、3%程度のダメージ増加になる見込みです。

1回多く動けたと仮定した場合のダメージの比較

速度増加によるバフの噛み合わせについては状況次第なので何とも言えませんが、(1ターン多く動けるのなら)ダメージ量ではそこそこの効果です。

2凸:君子の恩恵、微笑みを以て承るべき

「賜福」を与えられた味方単体は、敵を倒した時にEPを5回復する、この効果はターンが回ってくるたびに1回まで発動できる。

君子の恩恵、微笑みを以て承るべき

今回の計算では敵は単体という想定なので、この効果の程について測ることは出来ませんでした。

敵を倒した時のEP回復量は敵によって異なるよう(5~15程度?)なので、状況次第になってしまい評価し辛いです。

必殺技までのターンが変わるのなら強い効果だと思いますが、結局状況次第なので難しい効果だと思います。

3凸:青丘の遺恩

必殺技のLv.+2、最大Lv.15まで。

通常攻撃のLv.+1、最大Lv.10まで。

青丘の遺恩

必殺技による与ダメージボーナスの数値が増加します。(今回の場合はLv10 -> 12で50% -> 56%)

今回は2%程度のアタッカーのダメージ増加でした。

停雲側の通常攻撃の倍率も増えますが、8ターンあたりのダメージでは合計で2000ダメージ増える程度で戦場全体に大きな影響は無いと思います。
(停雲のダメージがチーム全体に占める割合は非常に少ないので、停雲のダメージが増えても大きな影響はない)

4凸:情勢を読み、変化せし鳴火

「賜福」の付加ダメージ倍率+20%。

情勢を読み、変化せし鳴火

停雲スキルのバフ影響下では、攻撃した際にバフ対象のステータスを参照した付加ダメージが追加で出ます。

「賜福」効果による雷属性付加ダメージ。この場合だとヴェルトの攻撃力等を参照している

この凸効果では、「賜福」による付加ダメージ倍率が上昇します。

特に雷属性ダメージアタッカーでは、付加ダメージにも属性%が載るため、そのままスキルの倍率が増えたような扱いになります。

今回試した二人では、6%程度のダメージの伸びになりました。

追加攻撃を持っていて、「賜福」を何回も呼び出せるキャラクターなら影響は大きくなります。(7%~10%程度?)

5凸:綏んずる狐魅

戦闘スキルのLv.+2、最大Lv.15まで。

天賦のLv.+2、最大Lv.15まで。

綏んずる狐魅

戦闘スキルによるバフの効果量、付加ダメージのダメージ倍率、天賦(停雲が攻撃した際に、バフ対象のステータス依存の雷付加ダメージ)のダメージ倍率が増加します。

4凸の次に強い効果で、今回試した2人では3%程度のダメージの伸びでした。
(今回は仙舟3セット+光円錐効果によって36%の攻撃力バフが貰えている条件で計算したため、実際(他の光円錐を使っていたり、仙舟セットが少ない場合)はもう少し効果量が大きいかもしれません。)

バフ効果量の上昇に伴い、停雲側に要求される合計攻撃力の量も増えるので注意が必要です。(25% -> 27%)

6凸:和気生財

必殺技で味方のEPをさらに10回復する。

和気生財

計算上では意味のない効果ですが、ダメージ計算では測れない効果です。

例えばゼーレでは、5 -> 35 -> 65 -> 95 -> 120というEPの進み方をします。
停雲の必殺技をEP65の時点で入れた場合、65 + 50 = 115EPになり、5EPだけ不足する場合が出てくることがあります。

敵の範囲攻撃の端っこ(5EP)を1回でも貰えば良く、光円錐の効果等もあるため、計算上では5EPの不足は溜まっているものとして扱っていますが、実際の戦闘では状況次第で溜まっていないことももちろんあるでしょう。

効果の程を測定するのは難しいですが、現実的に考えた場合、痒いところに手が届くようになる効果です。
必殺技までのターン数が変わるのなら、最も強い効果と言えるかもしれません。

まとめ

今回は停雲の凸効果について、2人のキャラクターで試算し、効果のほどを測りました。

結果としては、状況次第なところが大きい6、1、2凸を除くと、4、5、3の順番で強いことになります。

個人的な感想では、6 ≧ 4 > 5 > 3 ≧ 1 > 2の順で強いかなと思います。

忙しい人向けまとめ
  • 6凸 ≧ 4凸 > 5凸 > 3凸 ≧ 1凸 ≧ 2凸
  • 1凸:速度上昇が裏目に出る場合も。1ターン多く動けるなら3%程度の増加
  • 2凸:状況次第なので測れない
  • 3凸:与ダメボーナスが増える。2%程度の増加。
  • 4凸:アタッカーのダメージ倍率が増える。5.5%程度の増加。
  • 5凸:色々伸びる。3%程度の増加。
  • 6凸:効果の程を測るのは難しい。必殺技が1ターン速く撃てるのなら最も強い効果と言える

おまけ:「追加攻撃」と「賜福」

「追加攻撃」に対しても「賜福」が発生するため、例えば景元の神君やなのかのカウンター等でも「賜福」による付加ダメージが発動するそうです。(なのか+停雲)

少女の特権 停雲 賜福 ていうん 追加攻撃 カウンター 発動 検証

(私の環境では未検証ですが、例えばクラーラやヘルタ、姫子もこのテクニックが使えるはずです)

ここで気になったのは、彦卿による「呼影剣」による追加攻撃でも発生できるかという点です。
(今回のシートを書くのに必要でした。)

敵に攻撃を行った後、60%の固定確率で追加攻撃を行い、敵に彦卿の攻撃力50%分の氷属性ダメージを与え、65%の基礎確率で敵を凍結状態にする、1ターン継続。

呼影剣,Lv10

理論上は呼影剣にも発生するということで良さそうですが、気になったので動画を撮影してきました。
(検証に使った動画)

結果としては、「呼影剣」でも「賜福」が発生しました

呼影剣 賜福 崩壊スターレイル 彦卿 げんきょう 停雲 ていうん スタレ 崩スタ 検証

「賜福」の呼び出し回数を多くできるため、そういう観点では彦卿も停雲と相性が良いキャラということになります。
(今回の計算では、攻撃1回につき賜福が1.6回発生するものとして計算しています。)

揺れる紫電 + 呼影剣

また、停雲の天賦である「揺れる紫電」による付加ダメージは「呼影剣」の「敵に攻撃を行った後」に含まれるか気になったため、こちらも検証してきました。

敵が停雲の攻撃を受けた後、「賜福」を付与された味方が、その敵に自身の攻撃力60%分の雷属性付加ダメージを与える

揺れる紫電,Lv10

敵に攻撃を行った後、60%の固定確率で追加攻撃を行い、敵に彦卿の攻撃力50%分の氷属性ダメージを与え、65%の基礎確率で敵を凍結状態にする、1ターン継続。

呼影剣,Lv10

こちらは20回ほど攻撃しても一回も「呼影剣」が発生することは無かったため、付加ダメージは「攻撃」という判定では無さそうです。

ダメージの種類も色々あるので、ちょっとややこしいですね。

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

ゲームと百合をこよなく愛する紳士。
パッションが爆発すると記事を投稿します。
座右の銘は一切合切。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次