【崩壊スターレイル】遺物「星々の競技場」【Ver1.2実装】

崩壊スターレイル(スタレ)、Ver1.2実装の遺物「星々の競技場」の性能・効果を掲載しています。
崩スタ攻略の参考に活用してください。

目次

遺物「星々の競技場」

星々の競技場
タイキヤンのレーザー球場
タイキヤンのレーザー球場
タイキヤンのアークトラック
タイキヤンのアークトラック
2セット

装備キャラの会心率+8%。
装備キャラの会心率が70%以上の時、通常攻撃と戦闘スキルの与ダメージ+20%。

ストーリー

タイキヤンのレーザー球場(次元界オーブ)

タイキヤンはかつて難破船の港がある星だった。損害査定業務員が古い船の残骸の処理に派遣され、剰余価値を発掘する。

業務員は「タイキヤンに派遣」されることを戻ることのできない島流しだと見なしている。この小さな惑星では、山となった炭素繊維とステンレスが、巨船の退役前の輪郭を描き出している。鉄筋の廃墟に虚無の影を落とし、呼び戻される強烈な欲求が高まる。数年間、業務員たちは甲板の下で出来のいいパーツを奪い、推進設備を着用して沈没船の通路を猛スピードで駆け、水面下の「地下法則」を形成した…それでも窮鼠は望みを叶えられず、誰も帰航はできなかった。

窮鼠たちは「地下法則」の監視の目から逃れられたことはない。その映像はカンパニーに送られ、偉い人たちの食後の笑い話となった。「伝統事業部」の投資者はよく考え、この中からわずかな「娯楽」の可能性があることを感じた。

計画に応じて、全銀河初の「タイキヤンモーターボール」を主体とした競技項目がタイキヤン星で誕生した。数台の星球改造機がここに降り立ち、廃棄された宇宙船を全て取り除いた。無名の小さな惑星が「モーターボール」の運動を巡って一変し、あっという間に煌めく競技の聖地となった。「その時が来たら、誰も荒唐無稽な原型を気にする人はいなく、残るのはただ純粋なスポーツ精神と、高額な商業契約だけである」

推進器防具を身に付けた選手、変幻自在の立体コース、火花を散らす肉体のぶつかり合い…「モーターボール大会」はすぐに銀河に注目される存在となった。年中夜のタイキヤンにはレーザーが飛び交い、影は見えない。

競技場の中で、チームの主賓の攻防は激しく、声を張り上げる観客たちの席は全部埋まっていた。彼らは大声で、チーム名、有名選手の名前を叫び、勢いのある歓声は途絶えることはなかった。競技場の外でも、タイキヤンは静かになったことはない。中継権限、特許協賛、広告契約が取引市場で奪い合われている。地下世界のロト式もしばしば水面下で勢力を伸ばしている。各自の喜びと悲しみ…インクのような夜の色はとっくにラジウム光プレートとなって、静かにカラフルな競技場を引き立たせている。

タイキヤン競技場は誕生した時から昼のような夜が続いている。誰も陰影がどこに隠れたのかを覚えていない。

タイキヤンのアークトラック(連結縄)

「伝統事業部」はスターピースエンターテイメントのスポーツ専門家を招集し、彼らにあらゆる野蛮な要素を取り除き、タイキヤンの「地下法則」を「金に生る競技」に改造するよう求めた。

材料の専門家たちは率先して「モーターボール」を設計し、需要を満たそうと試みた——それは直径3センチ、重さ約30キロの炭素繊維とステンレスを混ぜた科学技術的な鉄球である。ボールは常に位相霊火の変換を追い、不規則な移動によって試合の意外性を高めた。スポーツ装備の専門家はその後に続いて、モーターボール基準の推進防具を開発した。機敏な動きをしやすく、医療企業は企業の素質を示すことができ、安定した収入と安全な競技の継続を可能にした。

こうして、タイキヤンモーターボール協会は正式に成立し、『タイキヤンモーターボール試合ルール』の初版を制定した。7人ずつの2チーム制もこの時に確立されたのである。

博識学会のレーストラック建築家は「競い合う」という概念を立体的な環状トラックにした——標準的な長さは2.91キロ、トラックの中心の平らなエリアの幅は5メートル、両側の弧形のエリアの幅は2~14メートル…選手たちは明るく広いトラックの上で決まった方向に数周飛ぶように走り、鋭い音と衝突音と共に、試合は終了する。実際のテストによると、トラックの高速移動の過程で、非連続の光点は動いている選手たちには線のように見え、流れるような明かりは専属のアークトラックとなる。スターピースエンターテイメントは裕福層を招待し、彼らに最も注目される競技のあるべき公開率を約束した。すぐにリーグ戦クラブ体制が整えられ、才能ある選手たちが集まり、準備万端で開始を待った。

スターピースフィルムは試合中継権を独占し、超距離センシングを利用し、彼らは試合実況を世界の隅々まで届けた。トップ選手の感覚体験もすべて記録されており、観客は家にいながらスピードと衝突、鋭い音とアークを体験できるようになった。昔日の沈没船の港は観光船に満ち、混雑した群衆は灯りと広告に満ちた街頭に集まり、その後ゆっくりと競技場に流れ込んだ。彼らは座席を確保した。辺りは見渡す限り横断幕と麦芽の飛沫だらけである。明るいコースはスポットライトのもとで静かに存在している。

大きな歓声の中、第一試合が開始した。

SNSへのシェアはこちらから

この記事を書いた人

One cannot always have the success for which one hopes.

コメント

コメント一覧 (1件)

  • この競技場復活させたのは多分列車組
    (ヤリーロに着いた直後の会話から)

コメントする

目次