【ドルフロ】中級者以降向け 経験値UPイベント中に育成しておくべき人形まとめ【9月29日~10月7日】

ドールズフロントライン(以下、ドルフロ)

中級者以降向けの人形育成まとめです。

はじめに

この記事はある程度の育成環境、コア収集環境の整った中級者向けの記事です。

始めたばかりの方は、初心者向けを見ることをオススメします。

ごちゃごちゃすると見づらいと思ったので、ほぼ必須級の人形のみをまとめています。

とりあえずこの記事に載っているキャラを全て育成しておけば、様々な状況にそれなりに対応できると思います。

上に位置するほどオススメ度高めです。

イベント期間は短いですが、少しでも参考になれば幸いです。

武器種別オススメ人形一覧

HG

PPK

現状、筆者の中ではTopTierのHG。

陣形効果バフが、射速上昇32%、クリティカル率上昇16%とぶっ飛んでいて、弾薬を補給しなくても陣形効果は発動するので、貧乏ランで棒立ちさせておくだけでもかなりのダメージ向上が見込めます。

また、陣形効果が後列3マスに掛けられる形になっているので、非常に使いやすいです。

文句なしのオススメ人形です。

Five-seveN

PPKと同じく、こちらも射速バフHGです。

陣形効果バフは、射速上昇30%、クリティカル率上昇20%で、こちらもかなり強いです。

しかしながら、陣形効果の形が両サイドなので、競合キャラが多く、若干使い勝手が悪くなってしまっているのが玉に瑕。

PPKとFive-seveNの陣形効果バフでARの射速が上限の120付近に到達するので、貧乏ラン時にセットで使っても強いです。

育てておいて損はないので、育成することをオススメします。

M1895

上記2体とは違い、こちらは火力バフHGです。

陣形効果バフは、火力上昇32%、クリティカル率上昇16%で、PPKの射速を火力に入れ替えた形です。

しかし、陣形効果の形が、両サイドと真後ろのみなので、Five-seveNなどと競合してしまいます。

G11など、素の射速が高い人形と組ませると非常に強いので、こちらも育成しておくと活躍することでしょう。

Gr Mk23

こちらも火力バフHGです。

陣形効果バフは、火力上昇36%で、火力上昇持ちの中ではトップです。

その上、陣形効果の形がPPKと同じく、後列3マスと正面になっていて、非常に使いやすいです。

資料収集の現状の理想編成にも入っているため、今後のことを考えるのであれば育成することをオススメします。

グリズリー

こちらも火力バフHGです。

陣形効果バフは、火力上昇30%、回避上昇20%で、火力上昇の数値はそれなりに高いですが、回避20%を生かせないと少し微妙です。

しかし、グリズリーの強みは、スキルでも火力を25%伸ばすことができるところです。

現状、竹槍と組ませるには最適なので、今後のイベントを考えるのであれば育成しておきましょう。

AR

G11

必須です。

未所持が通用しないぶっ壊れARです。

向こう一年以上腐らないので、出るまで引いてください。

素の射速が高く、スキルは通常攻撃が3Hitになるという壊れ具合。

所持しているなら、すべてを捨てて育成しましょう。

自バフスキル持ちAR

火力集中や突撃集中などのスキルを持ったARです。

汎用性が高く、G11の相方として組ませる場面が多くあります。

M4A1やAR-15は任務報酬でもらえるため、入手が容易ですが、現状のM4A1の火力は少々見劣りします。

コアに余裕がある方はG41など、☆5人形も育てておくといいでしょう。

 

OTs-14

夜戦用のARです。

夜戦時ならG11に匹敵するくらいの火力を出せますが、ARの役割を考えるとG11に軍配が上がります。

イベント報酬なので、誰でも簡単に入手できる点がいいですね。

夜戦マップで、複数体のARを要求された時に使えるように育成しておきましょう。

榴弾AR(FAL、416、SOPMOD)

広範囲にダメージを与える榴弾スキル持ちのARです。

敵の数が多い、敵の回避が高い等の場面で活躍します。

汎用性は薄いですが、使える場面が稀にあるので、1人くらい育成しておいてもいいのでは?

SMG

UMP45

スモークスキル持ちのSMGです。

スキルの初期CTが1秒と短く、4秒間、範囲内の敵の動きを遅くできるので、部隊の被害を減らすことができます。

また、陣形効果バフが、ARの火力上昇18%、クリティカル率上昇30%とかなり強いです。

SMGを使うのであれば、育成しておくといいでしょう。

 

UMP9

フラッシュバンスキル持ちのSMGです。

スキルの初期CTが5秒なので、UMP45と組ませると相性が良いと思います。

フラッシュバンは、4秒間、範囲内の敵の動きを止めることができるので非常に強力です。

SMGを使うのであれば、こちらも育成しておくといいでしょう。

RF

WA2000

突撃集中持ちのRFです。

RFの中ではDPSトップで、汎用性も非常に高いです。

RFを要求された場合には、とりあえずWA2000という感じでなんとかなるので、ぜひ育成しておきましょう。

SVD

こちらも突撃集中持ちのRFです。

一見WA2000のほうが強くない?と思うかもしれませんが、WA2000と同時に編成できるという強みがあります。

また、WA2000未所持の場合は代用という使い方もできるのでオススメです。

PickUPイベントは終わってしまいましたが、今からでもまだ間に合うので頑張って製造しましょう。

長時間狙撃スキル持ち(NTW20、M99)

待機時間の長い、高火力狙撃スキル持ちです。

初期CT16秒、エイム2秒と長めですが、通常攻撃の8倍ダメージを叩き出せるロマン砲スキルになっています。

イベントボスのような、一定HP以下になると特殊行動する敵に対して、一気にHPを削り切り撃破する、大竹槍という戦法に使われます。

しかし、大竹槍には、待機時間が長すぎるというデメリットもあるので、ご利用は計画的に。

今後のイベントでも、HPトリガー持ちのボスは多数出現するので、環境を整えておくのもいいと思います。

中時間狙撃スキル持ち(スプリングフィールド、モシン・ナガン)

待機時間が少々長めの、中火力狙撃スキル持ちです。

初期CT10秒、エイム1.5秒と、上記2体よりはかなり短めですが、通常攻撃の6倍ダメージとやや控えめ。

そのため、この2体両方を使って、同時にスキルを発動させて、HPトリガー持ちのボスを削り切る、小竹槍という戦法が開発されました。

大竹槍と違い、待機時間が短いのがメリットです。

前述の通り、今後のイベントでも、HPトリガー持ちのボスは多数出現するので、こちらの環境も整えておくといいかと思います。

MG

スタッカートスキル持ち(Gr MG5、PK、M2HB)

ぶっ壊れスキルである、スタッカート持ちのMGです。

攻撃を3回行うたびに、次の攻撃ダメージが(3、2.6、2.4)倍になるというもので、文字通り4n回目の攻撃のダメージが3倍になります。

MG5、PKはアサルトパック装備で、装弾数が16になるので、1リロードで4回スキルが発動します。

M2HBはアサルトパック装備で装弾数15なため、他2体よりは若干劣りますが、それでも他のMGと比べたら非常に強いです。

その為、ダメージ的には(24、22.4、19.2)回攻撃していることになるため、他のMGよりもDPSが遥かに高くなります。

このスタッカート持ちのMGは、瞬間火力が非常に高いため、資料収集で活躍しています。

スタッカート持ちは攻撃速度が11fなので、約6秒弱打ち続けることができるため、上級訓練でもリロードを挟むこと無く倒し切ることができます。

資料収集は、スキルのレベルを上げるためには避けては通れない道なので、これを機にスタッカート持ちのMGを育成してみてはいかがでしょうか。

M1918

火力集中持ちのMGです。

初期の装弾数が8と少ないですが、その分を2-4nでドロップする専用装備で補っています。

素の火力ステータスが、MGの中でM2HBに次いで2位タイなので、資料収集のMG4枠目に採用されています。

しかし、専用装備を付けることで、火力が下がってしまうので、資料収集で使う場合は装備させないようにしましょう。

M1919A4

クリティカル率アップスキル持ちのMGです。

初期の装弾数は9で、MGの中では中間くらいです。

こちらも素の火力ステータスが、MGの中でM2HBに次いで2位タイなので、資料収集のMG4枠目に採用されています。

M1918と選択で、どちらか育成すればいいと思います。

まとめ

中級者向けということで、しっかりと書きました。

ある程度ドルフロをプレイしている層に向けているので、コアが足りない方は4-3eを無限に周回してください。

また、ここに載っていない人形でも、それなりに強いと思っているものもいますが、必須では無いと思ったので割愛しました。

つまりその程度です。

もし必須級を書き忘れていたら、気付き次第こっそり追加します。

この記事を最後まで見ているということは、それなりにドルフロをやる意気込みがある方だと思うので、お互い今後のイベントに備えてしっかりとレベリングをしておきましょう。

あまり周回しすぎて倒れないようにしてくださいね。

しかし手を止めることは許されませんよ。

それでは、次回はイベント記事かなにかでお会いしましょう。

 

コメント