【ドルフロ】コンテンダーの性能/評価/編成/レシピ/スキンについて【ドールズフロントライン】

スポンサーリンク

ドールズフロントライン(ドルフロ/少女前線)、実装されたコンテンダーのステータス・スキル、入手方法、スキンをまとめています。

コンテンダーに関する筆者の個人的な評価や、簡単に使い方(運用方法)の解説もしていますのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

コンテンダーの基本性能

コンテンダーの基本情報
  • 声優:瀬戸 麻沙美
  • イラスト:細重ソウジ
  • 武器種:ハンドガン

コンテンダーの公式キャラクター設定

精密かつ正確な計算と計画を好み、「1発の銃弾も無駄にしない」という心構えで作戦に臨んでいる。

しかし自らの緻密な計算より、その時の運を信用しているようだ。

不安になったときは、アイスを食べて、自分が落ち着かせ考える。

こうすることで計算速度が上がるとのこと。

コンテンダーの入手方法について

コンテンダーの性能・ステータス

コンテンダーの性能・ステータス
  • 体力【B】
    • 33(x1)⇒66(x1)/330(x5)
  • 火力【SS】
    • 14⇒46
  • 命中【SS】
    • 9⇒85
  • 発射速度【D】
    • 27⇒44
  • 回避【C】
    • 9⇒82

  • 移動速度
    • HG:15/SMG:12/AR:10/RF:7/MG:4/SG:6
  • クリティカル率(%)
    • HG:20/SMG:5/AR:20/RF:40/MG:5/SG:40
  • クリティカル倍率(%)
    • HG:50/SMG:50/AR:50/RF:50/MG:50/SG:50
  • 装甲貫通
    • HG:15/SMG:15/AR:15/RF:15/MG:15/SG:15
  1. HG – 弾薬:10(x1)⇒ 30(x5)|配給:10(x1)⇒ 30(x5)
  2. SMG – 弾薬:25(x1)⇒ 85(x5)|配給:20(x1)⇒ 60(x5)
  3. AR – 弾薬:20(x1)⇒ 60(x5)|配給:20(x1)⇒ 60(x5)
  4. RF – 弾薬:15(x1)⇒ 55(x5)|配給:30(x1)⇒ 90(x5)
  5. MG – 弾薬:40(x1)⇒140(x5)|配給:30(x1)⇒ 90(x5)
  6. SG – 弾薬:30(x1)⇒ 90(x5)|配給:40(x1)⇒140(x5)

コンテンダーの陣形効果

  • 対象
    • 全銃種
  • 火力上昇
    • 30%
  • クリティカル率上昇
    • 20%

コンテンダーのスキル

  • 開幕CT:6s
  • 通常CT
    • SLv 1:15s
    • Slv10:12s

スキル:断罪の魔弾(SLv10)

スキル発動後1秒かけてターゲットに照準を合わせ、ターゲットに攻撃力の3倍のダメージを与える特製の弾丸を発射する。

打たれたターゲットは5秒間被ダメージが40%増加し、かつ味方の攻撃ターゲットとなる。

このスキルのターゲットはコンテンダーが前・中・後衛のどこにいるかによって異なり、それぞれの照準は最も遠い・その時点でHPが最も高い・最も近い敵となる、ただし、ボス存在時は優先してボスに照準を合わせる。

コンテンダーの特徴・運用など

使いやすく貴重な陣形効果

クリティカル率が上がるという貴重な陣形効果であるのに加えて、周囲8マスという驚異的な効果範囲です。

クリティカル率が上がって恩恵が薄いのは、HGやSMGくらいです。

それら以外と組ませることを意識するといいでしょう!

コンテンダーの配置について

スキルがコンテンダーの配置によって、狙う敵ユニットが変わる性質を持ちます。

陣形効果から大体真ん中の配置になります。

コンテンダーの運用はボス討伐がメインになると思うのですが、このスキルはボスを優先的に狙ってくれます。

特に気にする必要はないですね。

その他各武器種の強さに関する記事はこちら!

コンテンダーのスキン一覧

通常

アイコンデフォルト重傷公式プロモーション画像①公式プロモーション画像②

スキン:Phantom of the Opera

アイコンデフォルト重傷

スキン:Floral Servitude

アイコンデフォルト重傷

人形紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kanbatch

FPSゲーマーです。FPSをやるうちに、銃が好きになりました。好きな実銃はGalilやAN-94。ドルフロでは、HK416やAN-94、M82A1が好きです。毎日コツコツプレイしてます('ω')

kanbatchをフォローする
ドルフロ攻略情報研究・発信メディア – BaskMedia

コメント