【ブルプロ】戦闘不能に関する解説【デスペナルティ】

BLUE PROTOCOL

BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)の戦闘不能、デス、床ペロについて解説していきます。

ブルプロにおける戦闘不能のデメリット・デスペナルティは、かなり優しいものになっています。

しかしながら、ダンジョン攻略の際には制限時間が減少してしまうので、注意してください。

スポンサーリンク

戦闘不能になる

ブルプロも他のゲームと同じように、HPが0になると戦闘不能状態になります。

  • 味方に蘇生してもらう
  • チェックポイントに戻る

戦闘不能状態にて選ぶことのできる行動としては、この2択になります。

チェックポイントに戻る

ダンジョンでは、チェックポイントに戻ると-60s
チェックポイントに戻るデメリット
  • 合流が遅くなる
  • ダンジョンの場合
    • 制限時間が-60s

デスペナルティ(通称:デスペナ)はこんな感じです。

チェックポイントは、フィールドなら「エリア移動してきた地点」、ダンジョンであれば「各チェックポイント」となります。

そのため、チェックポイントに戻ると、味方と合流するまで時間がかかります。

また、ダンジョンでは制限時間が60sもマイナスになるので、高難易度のダンジョンではチェックポイントに戻らない方がいい可能性があります。

致し方のない状況を除き、味方に救援をお願いするのが良いでしょう。

味方に蘇生してもらう

[E]救援で蘇生

戦闘不能状態になっているキャラに近づいて、[E]救援で蘇生することができます。

蘇生には時間がかかるため、蘇生が無理そうな状況だと思ったら「チェックポイントに戻る」を選択しましょう。

複数人で救援を行うことも

複数人で救援を行うこともできます。

蘇生時間の短縮になるので、複数人ですぐに味方を蘇生するのも大事かもしれません。

Comments

タイトルとURLをコピーしました