【MTG Arena】ランク導入!アップデート情報まとめ

MTGArena

日本時間12月14日のアップデートにてついにランクマッチが導入されました!

その他さまざまな変更点があったのでまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

ランクマッチ実装 仕様と報酬

ランクマッチは Play 画面で新たに設けられた Ranked から挑戦できます。

ランクマッチは Constructed(構築戦) と Limited(ドラフト戦) の2種類が用意されています。

期間は1月31日まで。今回はプレシーズンらしくあくまで試験的な実装のようです。

報酬と上昇システムの簡易表はこちら

Rank報酬ゴールド勝利P敗北P次Tierまでの必要P
Bronze1パック0204
Silver1パック500215
Gold2パック1000116
Platinum3パック1000117
Diamond4パック1000117
Mythic5パック1000   

Silver Rank で説明すると1回勝利ごとに2ポイント貰え、敗北すると1ポイント減っていきます。

この増減を繰り返し5ポイント増えるとTier4の場合はTier3へステップアップします。

全てのランク帯で Tier4~Tier1 まであり Tier1 で必要ポイントまで貯めると次のランクへ上がります。

一度ランクが上がってしまえば下のランクに落ちることはありません。

BO3イベントの名称変更とUIの変更

Competitive Constructed と呼ばれていたものが Traditional Constructed に変更されました。

名称だけの変更で内容に特に大きな変化はありませんが、MTG Arena はBO3よりBO1に力を入れていく流れになりそうです。

そのほか戦闘中のUIも少し変更になりました。

右側の表示をクリックすることでそのフェイズで優先権を得られます。

戦闘が開始されると戦闘ステップごとの表示に切り替わるため以前より細かい操作が可能になりました。

しかし《軍勢の戦親分》《レオニンの先兵》の誘発は依然として止めにくいため、対戦相手がキャストしたタイミングでフルコントロールにする等の対策が必要です。

まとめ

今回の大きなアプデはやはりランクマッチ実装でしょうか

今までの名ばかりのラダーに報酬がついたので以前よりもモチベーションが上がりそうです。

ちなみにアプデの前情報で構築イベントの報酬を全てゴールドに変えると発表がありましたが、フォーラムで相当苦情があったようで撤回していました。当初は驚きましたが、ユーザーの意見を効いて素早く対応してくれたので逆に評価が上がりました。

この記事のコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました